[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2012年 > メキシコの畜産を巡る最近の情勢〜新たな豚肉輸出施設承認により中国向け輸出量は増加を見込む〜

メキシコの畜産を巡る最近の情勢〜新たな豚肉輸出施設承認により中国向け輸出量は増加を見込む〜

印刷ページ

最新トピック

4カ所のプラントが中国向け豚肉輸出の承認を受ける

 農畜水産農村開発食料省(SAGAPRA)によると、豚肉生産量第2位のソノラ州にある4カ所の認定済み食肉処理施設が中国向け輸出検疫証明を受けた。中国は、今年の春にソノラ州およびシナロア州の5カ所の施設を認定しており、メキシコ産豚肉の中国向け輸出が加速することが見込まれる。
 米国農務省海外農業局(USDA/FAS)の「GAIN Report」によると、メキシコ豚肉業界の予測では、中国向け豚肉輸出量は近く年間1万トン、金額にして3500万ドルに達するとみられており、中国の豚肉需要の高まりを考慮すると、この予測輸出量もすぐに2倍に達すると見込んでいる。
 なお、ソノラ州における2012年1〜10月の豚肉輸出量は4万4600トンに達し、前年同期と比較して9.4%の増加となった。このうち84%に当たる約3万7600トンは日本向けに輸出された。

統計データ

H1
H2
H3
【柴ア 由佳 平成24年12月13日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-8527



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.