[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2013年 > 中国チベット自治区における口蹄疫の発生について (中国)

中国チベット自治区における口蹄疫の発生について (中国)

印刷ページ
 中国政府は5月30日、国際獣疫事務局(OIE)に対し、チベット自治区ラサ市における口蹄疫(A型)の発生を通報した(ラサ市においては、今月2日に続き2例目)。
 口蹄疫(A型)については、中国西部を中心に続発しているが、今月24日には、同自治区林芝市でも発生が報告されており、同自治区内での発生が続いている。
 中国農業部は、口蹄疫対策の強化を進めているが、同自治区は、有数の育牛産地であるとともに、インドをはじめとした複数の国境を有していることから、中央および地方政府による口蹄疫対策の徹底が求められている。

※ チベット自治区の牛飼育頭数(2011年):614.9万頭(全国第5位:国内シェア約5.9%)

(2013年のA型口蹄疫発生状況)
  ・牛:10例  3月:1例(青海省)
          4月:2例(新疆ウイグル自治区、チベット自治区)
          5月:7例(新疆ウイグル自治区(2例)、チベット自治区(4例)、青海省)
  ・豚: 1例  2月:1例 広東省

【概 要】
  ・発 生 日 : 2013年5月30日
  ・発生場所 : チベット自治区ラサ市
  ・病  原 : 口蹄疫ウィルス(血清型:A型)  ※発症原因:不明
  ・患畜概要 : 牛(飼育頭数70頭・発生頭数8頭・死亡数0頭・淘汰数70頭・と畜数0頭)
【山ア 博之 平成25年5月31日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9534



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.