[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2013年 > 米国農務省、2013/14年度のトウモロコシ生産見通しを上方修正

米国農務省、2013/14年度のトウモロコシ生産見通しを上方修正

印刷ページ
 米国農務省世界農業観測ボード(USDA/WAOB)は9月12日、2013/14穀物年度(9月〜翌8月)の国内外の主要農作物需給見通しを公表した。これによると、米国のトウモロコシ生産量は、中西部および南部の州の単収見込みが上方修正されたことにより、増加となった。

乾燥によりアイオワ州などで単収減も、主要生産州で単収増の見込み

 米国のトウモロコシ生産量は、アイオワなどの一部地域で、春先の天候により単収の減少が見込まれるものの、主要生産州であるネブラスカ州などの単収増(166ブッシェル)により、全米平均では前月比0.9ブッシェル/エーカー上方修正された。これにより、生産量は、138億4300万ブッシェル(3億5161万トン)と前回の見通しから8000万ブッシェル (203万トン)上方修正された。また、輸入量は、生産量が前月より上方修正されたことを受け500万ブッシェル(12万7000トン)下方修正された。一方、消費量は、全ての用途向けで前月の値が据え置かれた。
 期末在庫量は、総供給量が上方修正されたことにより18億5500万ブッシェル(4712万トン)と前回から1800万ブッシェル(46万トン)引き上げられ、期末在庫率は14.6パーセントと前年度を大幅に上回るとみられている。
 また、生産者平均販売価格は、豊作と在庫水準が高くなる見込みから、前月の値から下値、上値がそれぞれ引き下げられ、1ブッシェル当たり4.40〜5.20ドルと予測されている。
 なお、今回、USDAの生産見通しが予想を上回ったことから、9月12日のシカゴ先物相場は0.75セント安の479.00セント(9月限)で引けた。

大豆の生産量は前月に続き下方修正

 2013/14年度の大豆生産量は、主要生産州であるアイオワ州やインディアナ州などで単収見込みが引き下げられたことから、31億4900万ブッシェル(8565万トン)と前回見通しから1億600万ブッシェル(288万トン)下方修正された。
 一方、消費量については、価格高により世界の大豆かす需要の低下および国内の大豆かす消費量の減少が見込まれることから、前回に引き続き2000万ブッシェル(54万トン)下方修正され、17億4200万ブッシェル(4738万トン)とされた。輸出向けは、トウモロコシ価格下落により大豆の作付増加が予想される南米からの大豆輸出量が増加すると見込まれることから、前月見込みを1500万ブッシェル(41万トン)下回る、13億7000万ブッシェル(3726万トン)へ下方修正された。
 期末在庫は、生産量見通しが前月に引き続き下方修正されたことを受け、1億5000万ブッシェル(408万トン)と前回から7000万ブッシェル(190万トン)下方修正された。期末在庫率は、4.8パーセントと極めて低い水準が見込まれている。生産者平均販売価格は、2カ月連続、減産見通しとなったことを受け、前回の値から、下値、上値、共に引き上げられ、1ブッシェル当たり11.50〜13.50ドルになると予測している。
 なお、今回、在庫見通しが市場関係者の予想を下回ったことから、同日のシカゴ先物相場は、36.75セント高の1442.00セント(9月限)で引けた。
表
【山神 尭基 平成25年9月13日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9532



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.