[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2013年 > 2013年度(4〜8月)の大豆かすの輸出量は回復傾向、しかし、日本向けは減少が続く(インド)

2013年度(4〜8月)の大豆かすの輸出量は回復傾向、しかし、日本向けは減少が続く(インド)

印刷ページ

2013年4月〜8月の大豆かすの輸出量は、回復傾向

 インド油糧協会(SEA)によると、2013年4〜5月の大豆かすの輸出量は、前年同期比57パーセント減であった(図1)。
しかし、6月中旬以降、大豆粒の国内取引価格の下落(図2)を受け、大豆粒のままでの国内供給や輸出取引が減少し、大豆油や飼料用原料である大豆かす製造用に向けられたため、大豆かすの輸出量は急速に回復し、4〜8月までの輸出量は70万100トンと前年同期比14.2パーセント減の水準まで戻した。
 また、9月の国内大豆粒の取引価格も低価格帯で推移していることから、9月の輸出量も2011年度並みになると考えられる。
図1 インドの月別大豆かす輸出量および輸出価格
2013年度のインドの大豆国内取引価格の推移

2013年4〜8月の日本向け輸出量は、わずか1万1千トン

 同協会によると、2013年4〜8月の日本向け輸出量は1万1351トンとなった(表1)。このうち、4月の輸出量が89.3パーセント(1万141トン)であることから、5月以降の輸出は、ほぼなされていない状況である。
 2011年度、インドは日本の第1位の大豆かす供給国であった(図3)。しかし、2012年度以降、インド国内の大豆かすの需要が増加していることに加え、イラン向け輸出が急激に伸びてきていることから、日本がインド産を確保することが困難な状況は続いており、インド産の減少分を中国産で手当てする状況が続いている。
表1 インド産大豆かすの地域・国別輸出量
図3 日本の国別大豆かす輸入量
【宗政 修平 平成25年9月30日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-4397



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.