[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2013年 > トウモロコシの作付は減少見込み、一方で大豆は増加見込み(アルゼンチン)

トウモロコシの作付は減少見込み、一方で大豆は増加見込み(アルゼンチン)

印刷ページ

トウモロコシ作付見込み面積を下方修正

 ブエノスアイレス穀物取引所(BDC)の11月28日付けのレポートによると、2013/14年度のトウモロコシ作付面積はサンタフェ州、ブエノスアイレス州およびエントレリオス州の一部やコルドバ州での大豆への転換による作付減少により、前回の見通しから4ポイント減(16万ha減)の330万ヘクタールに下方修正された。前年度(367万ha)に比べると、10パーセントの減少となる。
 ブエノスアイレス州の西部および中部では過去7日間に十分な降雨があったことから、遅まきの作付けが進み、全体では作付見込面積の43.5%が完了している。これは前週から0.8ポイント増加したものの、前年同期に比べると9ポイントの減少となっている。
 一方、大豆については、トウモロコシから大豆への転換により前回報告時(2020万ha)から253ha増の2045万haに上方修正された。

遅蒔きの作付けが増加

 ブエノスアイレス市から北西170キロメートルのSan Pedro地区にある生産農場を、遅蒔きの播種作業を行っている12月初旬に訪問した。
 同地での年間の作付けスケジュールは気候にもよるが、おおよそ以下のとおりとなっている。

 9月  :早蒔きトウモロコシ播種
 12月 :遅蒔きトウモロコシ播種
 3、4月:早蒔きトウモロコシ収穫
 7、8月:遅蒔きトウモロコシ収穫

 訪問時には、8月に播種を行ったほ場がトウモロコシの開花時期を迎えていた。トウモロコシは開花時期に最も水分を必要とするため、8、9月に播種すると雨量が少ない12月に花が咲くタイミングとなり、リスクが高い。12月に播種できるよう改良された遅まきのGM種の場合、降水が見込める2月に開花するため、作付計画が立てやすいことから、遅蒔きを増やす傾向にある。
 また同地でもトウモロコシの作付面積は昨年に比べ、10〜15%程度減少している。
写真1
写真2
写真3
【横打 友恵 平成25年12月13日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-4394



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.