[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2013年 > 2013年の畜産農家戸数は1297万戸、牛の飼養頭数は1424万頭(インドネシア)

2013年の畜産農家戸数は1297万戸、牛の飼養頭数は1424万頭(インドネシア)

印刷ページ
 インドネシア中央統計局(BPS)は12月2日、2013年農業センサスの概要を公表した。農業センサスは、1963年から10年ごとに実施され、今回で6回目の調査となる。これによると、農林漁業に従事する農家戸数(家族経営)は2614万戸と、10年間で16%減少した。このうち畜産農家は、家族経営が同30%減の1297万戸となった一方、企業経営が同30%増の636戸となり、企業経営による集約化が進んでいることがうかがえる。
表1
 また、牛の飼養頭数は1424万頭で、内訳は肉用牛が1269万頭、乳用牛が44万頭、水牛が111万頭となった。飼養頭数が最も多い地域はジャワ島で、次いでスマトラ島となった。
 なお、農業省が毎年公表する畜産統計によると、2011年の牛の飼養頭数は、肉用牛が1482万頭、乳用牛が60万頭、水牛が131万頭で、水牛以外の牛の飼養頭数はこれまで増加傾向にあった。
 今回の農業センサスと畜産統計による牛の飼養頭数を比較すると、この2年間で大幅に減少している。減少の要因としては、インドネシア政府が牛肉の自給率向上のため、2012年以降、生体牛および牛肉の輸入割当を縮小し、内需を満たせなくなったことから、国産牛のと畜が進んだことによるものとみられる。
表2
【木下 瞬 平成25年12月17日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-8527



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.