[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2014年 > 1〜3月の大豆輸入量は前年同期比33%の増加(中国)

1〜3月の大豆輸入量は前年同期比33%の増加(中国)

印刷ページ
 中国海関総署は、4月10日、3月の輸入統計を公表した。これによると、3月の大豆輸入量は、前年同月比20.3%増の462万トンとなった。1〜3月までの累計輸入量は1534万トン(前年同期比33.1%増)となり、前年を上回るペースで輸入していることがうかがえる。
 また、同署は、4月の大豆輸入量を645万トン(前年同月比62.1%増)と見込んでおり、入港量の内訳を、華東地区360万トン、華南地区129万トン、遼寧省66万トン、華北地区90万トンとしている。

                  図 中国の大豆輸入量および単価の推移
資料:中国海関総署
         資料:中国海関総署

4月に入り、輸入大豆の在庫は継続的に増加

 現地報道によると、4月に入ってから大豆かすの荷動きは悪化し、在庫が継続的に増加している。また、一部の搾油工場では、倉庫が大豆かすで満杯になり、稼働率が50%以下まで低下したとされる。
 一方、大豆の輸入量は増加しており、工場稼働率の低下から輸入大豆の在庫積増しが進み、3月末の大豆の在庫量は548万トン(前年同期比32.0%増)となった。
 こうした背景には、国内の豚価低迷や鳥インフルエンザの影響により、豚や鶏の飼養頭羽数を減じる動きが強まっていることにより、飼料需要が低下していることがある。
【木下 瞬 平成26年4月28日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 部署名 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-8527



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.