[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2014年 > 韓国統計庁、2014年第2四半期の畜産統計を公表

韓国統計庁、2014年第2四半期の畜産統計を公表

印刷ページ
 韓国統計庁は2014年7月11日に、2014年第2四半期の畜産統計を公表した。家畜飼養頭数は、前四半期より肉用種およびブロイラーは増加したが、乳用種、豚、採卵鶏およびアヒルは減少した。畜種別については次のとおり。

○牛
 韓牛(国産牛)および肉用種の飼養頭数は287万9000頭(前期比2.4%増)、飼養戸数は11万4000戸(同4.2%減)、一戸当たり飼養頭数は25.3頭。

 乳用種の飼養頭数は42万4000頭(同0.9%減)、飼養戸数は5800戸(同1.7%減)、一戸当たり飼養頭数は、73.1頭。

○豚
 飼養頭数は968万頭(同0.2%減)、飼養戸数は5300戸(同1.9%減)、一戸当たり飼養頭数は1826.4頭。

○家禽
 採卵鶏の飼養羽数は6285万1000羽(同2.7%減)、ブロイラーの飼養羽数は1億359万3000羽(同33.0%増)、アヒルの飼養羽数は608万9000羽(同7.4%減)。
 なお、採卵鶏は鳥インフルエンザ(AI)発生の影響により減少したが、ブロイラーは夏の需要期であるため増加している。
表
【中島 祥雄 平成26年7月28日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-4397



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.