[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2014年 > 米国農務省農業市場流通局、牛枝肉の格付け基準に関する意見を募集

米国農務省農業市場流通局、牛枝肉の格付け基準に関する意見を募集

印刷ページ
 米国農務省農業市場流通局(USDA/AMS)は8月14日、牛枝肉の格付け基準の見直しについて、パブリックコメントを募集することを発表した。現在の牛枝肉の格付けは、1997年に採用された基準が適用されており、枝肉は、任意で肉質等級(Quality Grade)と歩留り等級(Yield Grade)に分類される。また、去勢牛、未経産牛、経産牛および若齢雄牛由来の牛肉は、肉質等級、歩留等級、肉質等級および歩留等級のいずれか3つの格付けを行うことができる一方、雄牛由来の牛肉は、歩留等級のみの格付けとなっている。さらに、肉質等級のうち、成熟度を表すAは9〜30カ月齢が対象、Bは30〜42カ月齢、Cは42〜72カ月齢、Dは72〜96カ月齢、Eは96カ月齢以上とされている。
 USDA/AMSは、今回パブリックコメントを募集する経緯として、現在の格付け基準は、牛の遺伝的改良や生産性の変化を十分に反映したものではなく、成熟度に偏って行われている点を指摘している。
 なお、パブリックコメントの締め切りは、2014年11月13日までとしている。
表
【山神 尭基 平成26年8月19日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9532



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.