[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2015年 > 米国ミネソタ州で高病原性鳥インフルエンザの発生確認

米国ミネソタ州で高病原性鳥インフルエンザの発生確認

印刷ページ
 米国農務省動植物検疫局(USDA/APHIS)は、3月6日、ミネソタ州の七面鳥農家でH5N2亜型高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)の発生を確認したことを公表した。2013年以降、HPAIの発生は、太平洋フライウェイ(渡り鳥のルートの一つ)であるワシントン州、アイダホ州、オレゴン州、カリフォルニア州などで確認されてきたが、ミネソタ州が属するミシシッピ・フライウェイでの発生は初めてである。このため、今後、潜伏期間とされる21日間、同フライウェイでの新たなHPAIの発生が懸念されている。
 今回の発生を受けて日本は、ミネソタ州からの生きた家きんおよび家きん肉の輸入停止措置を講じている。(同6日現在、日本はオレゴン州やワシントン州などと合わせて5州からの輸入を停止している。なお、このほか、低病原性鳥インフルエンザの発生が確認されているミシガン州およびニュージャージー州では、疾病発生農場から10キロメートル以内の地域からの輸入を停止している。)
 また、報道によると、今回の発生により、南中米やアジアを中心に40を超える国が同州からの生きた家きんおよび家きん肉を輸入停止している。

米国図
【渡邊 陽介 平成27年3月10日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9806



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.