[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2015年 > 米国の豚飼養頭数、前年からかなりの程度回復

米国の豚飼養頭数、前年からかなりの程度回復

印刷ページ
 米国農務省全国農業統計局(USDA/NASS)が3月27日に公表した「Quarterly Hogs and Pigs」によると、2015年3月1日現在の豚総飼養頭数は前年同月比7.2%増の6593万頭となった。また、2014年12月~2015年2月期の3カ月間の分娩母豚頭数は前年同期比2.4%増の283万頭、子豚の生産頭数は前年同期比9.2%増の2876万頭といずれも増加している。さらに、同時期の1腹当たり産子数は10.17頭(前年同期比6.7%増)となり、豚流行性下痢症(PED)の影響が落ち込んだ前年と比較して、かなりの程度回復した。PED対策が進展していることに加え、トウモロコシなどの穀物価格が安値安定していることも総飼養頭数などの増加につながっている。

 2015年3月~ 5月期の分娩母豚頭数としてUSDAは、前年同期比2.1%増の287万頭、6月~8月期の同頭数は前年同期比2.1%減の293万頭と予想している。このため、分娩母豚頭数増等から、と畜向け頭数は引き続き増加傾向での推移が見込まれている。
米国豚飼養頭数関係指標
【平石康久 平成27年4月1日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9805



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.