[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2015年 > 2014年の畜産物生産費調査の概要について(韓国)

2014年の畜産物生産費調査の概要について(韓国)

印刷ページ
 2015年5月29日、韓国の統計庁から2014年の畜産物(牛・豚・鶏)の生産費が公表された。
 2014年は肥育もと牛の価格上昇に伴い肥育牛の生産費は上昇したが、他の畜種は飼料費の下落に伴い収益が向上している。

1 畜産物の生産費

 2014年の生産費は、肉用子牛(韓牛)が1頭当たり324万ウォン(前年比4.5%減)、肥育牛(韓牛)が生体100キログラム当たり92万5000ウォン(同2.7%増)、肥育牛(韓牛以外)が同63万5000ウォン(同4.4%減)、生乳が1リットル当たり796ウォン(同1.4%減)となった。
 また、肥育豚が生体100キログラム当たり27万6000ウォン(同4.9%減)、鶏卵が10個当たり1064ウォン(同10.1%減)、ブロイラーが生体1キログラム当たり1339ウォン(同4.3%減)となった。
 肥育牛(韓牛)については、飼料費が低下したにも関わらず、もと畜費が上昇したことから、相対的に前年に比べ生産費は上昇した。
表1

2 飼料費は下落

 2014年の飼料費は、全畜種で前年を下回った。肉用子牛(韓牛)が1頭当たり152万6000ウォン(前年比3.9%減)、肥育牛(韓牛)が生体100キログラム当たり40万9000ウォン(同1.4%減)、肥育牛(韓牛以外)が同39万3000ウォン(同3.7%減)、生乳が1リットル当たり449ウォン(同3.3%減)となった。
 肥育豚が生体100キログラム当たり15万6000ウォン(同2.8%減)、鶏卵が10個当たり647ウォン(同14.8%減)、ブロイラーが1キログラム当たり792ウォン(同5.1%減)となった。
表2

3 収益性(純利益)

 2014年の1頭羽数当たりの収益性(純利益)は、肉用子牛(韓牛)が1頭当たり▲58万6000ウォン、肥育牛(韓牛)が同▲29万3000ウォン、肥育牛(韓牛以外)が同▲109万1000ウォン、乳用牛が同242万3000ウォンとなった。
 肥育豚が同8万4000ウォン、採卵鶏が1羽当たり4147ウォン、ブロイラーが同112ウォンとなった。
表3
 2014年においては、飼料費が下落に転じたことから、全畜種において収益性の改善が見られたものの、肉用牛農家の純利益は引き続きマイナスとなっている。なお、近年、韓国では小規模経営を中心に廃業する肉用牛農家が増加しており、肉用牛農家戸数、飼養頭数ともに減少傾向が続いている。
図
【中島 祥雄 平成27年6月15日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9806



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.