[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2015年 > NZ政府、中国の乳製品SG措置の撤廃を要求(NZ)

NZ政府、中国の乳製品SG措置の撤廃を要求(NZ)

印刷ページ
 現地報道によると、ニュージーランド(NZ)政府は、6月17日に締結された中国と豪州の自由貿易協定(FTA)を受け、中国と既に締結しているFTAを改定し、乳製品に適用されているセーフガード(SG)措置を撤廃するよう求めている。
 中豪FTAにおいて、SG措置の適用範囲は粉乳類のみであるのに対し、中NZFTAでは、粉乳類のほかミルクやクリーム、バター、チーズも適用されている。中NZFTAにおいては、当該乳製品の輸入量が、SG発動水準を超えた場合、協定税率から最恵国税率に切り替えられる仕組みであるが、協定税率は毎年段階的に削減される一方で、SG発動基準となる協定税率割当数量は毎年、拡大することとなっている(表)。
 中NZFTAにおけるNZ産乳製品の輸入申告数量は、2015年1月29日時点で全ての品目がSG発動水準に達したため、これ以降、申告されたものについては割高な最恵国税率が適用されている。近年、中国の乳製品需要の高まりにより、NZ産乳製品の輸入も増加しており、SGの発動時期も年々早まっている。NZ側は、こうした措置に反発していると見られる。
表
【木下 瞬 平成27年6月30日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-4389



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.