[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2016年 > 欧州委員会、乳製品の民間在庫補助(PSA)の申請期限を再度延長(EU)

欧州委員会、乳製品の民間在庫補助(PSA)の申請期限を再度延長(EU)

印刷ページ
 欧州委員会は1月29日、脱脂粉乳とバターの民間在庫補助(PSA)の申請期限を、2016年2月29日から同年9月30日まで再度延長すると発表した。PSA申請期限の延長は、今回で4度目となる。

 PSAは、2014年8月のロシアによるEU産農畜産物の禁輸措置の影響を最小限に食い止めるため、緊急措置として同年9月から実施されているもので、民間部門が保管するバターと脱脂粉乳の保管費用を補助し、これらを市場から隔離するものである。

 しかし、PSAの実施以降もEUの乳製品価格は低迷を続けており、欧州委員会は、PSAだけでなく公的買入の実施を2016年2月29日まで延長している。公的買入は、EU規則に定められた制度であり、毎年3月1日から9月30日の間に基準価格を下回った場合、固定価格で脱脂粉乳10.9万トン、バター5万トンを上限に買入れて市場から隔離する措置となっているが、現在は通年で実施されている。

 欧州委員会のホーガン農業・農村開発担当委員は「酪農経営の維持のため、市場を安定させるあらゆる措置を講じていきたい」との声明を発表しており、欧州委員会は、継続する乳製品価格の低迷に対応し、市場の安定を図るため、PSAと公的買入を継続して実施していくこととなる。
図1
図2
【大内田 一弘 平成28年2月9日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9531



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.