[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2016年 > 2015年の鶏卵価格、高病原性鳥インフルエンザにより高騰(米国)

2015年の鶏卵価格、高病原性鳥インフルエンザにより高騰(米国)

印刷ページ
 米国農務省経済調査局(USDA/ERS)は2月1日、米国の鶏卵価格に関する記事を発表した。これによると、2014年末から2015年第2四半期にかけて中西部で発生した高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)により、米国の採卵鶏飼養羽数の11%に相当する3300万羽の採卵鶏が淘汰されたことで、2015年第3四半期の鶏卵価格高騰につながったと指摘している。
 ERSによると、2015年8月の鶏卵卸売価格は、2000年以降で最高となる1ダース当たり2.67米ドル(326円:1米ドル=122円、前年同月比2.2倍)を記録した。また、6月は同2.30米ドル(281円、同1.9倍)、7月は同2.08米ドル(254円、同1.6倍)、9月は同2.23米ドル(272円、同1.9倍)と6〜9月にかけて高騰し、HPAIが鶏卵価格に大きな影響を及ぼしたとしている。
 なお、鶏卵生産個数が回復傾向にあることから、2015年12月は同1.61米ドル(196円、同17%安)、2016年1月は同1.03米ドル(126円、同11%安)と鶏卵価格の高騰は既に収まっている。
海外情報図(米国:鶏卵価格高騰)
【平石 康久 平成28年2月9日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9805



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.