[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2016年 > 2015年の畜産物輸出数量、金額とも増加(韓国)

2015年の畜産物輸出数量、金額とも増加(韓国)

印刷ページ
 韓国農水産食品流通公社が2月16日に公表した「2015年の農水産食品の輸出動向」によると、2015年の農水産物および加工品の輸出量は前年比0.5%減の428万6000トン、輸出額は同2.6%減の80億3250万ドル(1米ドル=113円:9076億7250万円)であった(表)。
 生鮮品のうち、豚肉の輸出量は同15.8%増の2200トン、輸出額は同2.6%増の800万米ドル(9億400万円)、鶏肉の輸出量は同43.3%増の3万100トン、輸出額は同35.3%増の4710万米ドル(53億2230万円)であった。
 また、加工品のうち、乳製品の輸出量は同8.1%減の3万5100トンと減少したものの、輸出額は同5.7%増の1億6620万米ドル(187億8060万円)となった。
表
 豚肉輸出量の増加については、主要輸出先であるタイ向けが増加したためとしている。また、鶏肉については、主要輸出先であるベトナム向けが、国内の鶏肉の供給不足や、韓国産鶏肉のやや堅めの肉質が国民のし好にあっていることから、輸出が増加しているとしている。  また、乳製品については、育児用調製粉乳やアイスクリームなどが中国向けを中心に増加したものの、れん乳などが減少したことにより、全体の輸出量は減少したとしている。
【中島 祥雄 平成28年2月29日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9534



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.