[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2015年 > 2015年エタノール輸出量、2年連続で300万キロリットル超(米国)

2015年エタノール輸出量、2年連続で300万キロリットル超(米国)

印刷ページ
 米国エネルギー省情報局(EIA)は3月10日、2015年の米国の燃料用エタノール輸出量について、前年並みの320万キロリットルになったことを明らかにした。2013年と比較してドル高傾向で推移しているにもかかわらず、2年連続で300万キロリットルを超える水準となった。主要輸出先国は、カナダ、ブラジル、フィリピン、中国などである。
 2015年は、特に中国への輸出量が増加したが、これは同国で穀物からのエタノール生産に対する支援策が終了したことで、オクタン価向上のための添加剤として米国産エタノールの価格競争力が出たためとみられる。
 そのほかの国としては、カナダやフィリピンでは、両国内でのエタノール生産が、ガソリンへの義務的な混合率(カナダは原則5%、フィリピンは10%)を満たさないことから、継続的な輸出が行われている。ブラジルについては、エタノールの原料作物であるサトウキビの端境期を中心に輸出が行われている。オランダや英国などのEU諸国に対しては、2013年に導入された米国産エタノールに対するダンピング課税の影響により同年以降、輸出量が減少している。
 EIAは、2016年も米国は主要エタノール輸出国の地位を維持すると予測している。
 一方、輸入量については、33万キロリットルと前年の1.6倍となった。主要輸入先国はブラジルであり、カリフォルニア州が設定した低炭素燃料基準(LCFS)により、同州で二酸化炭素排出削減効果の大きい再生可能燃料の使用が要求されていることが原因とみられている。
燃料用エタノールの貿易量
【平石康久 平成28年3月28日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際情報グループ)
Tel:03-3583-9805



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.