[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2016年 > 2017年に予定していた農業センサス調査を延期へ.(ブラジル)

2017年に予定していた農業センサス調査を延期へ.(ブラジル)

印刷ページ
 ブラジルでは、経済低迷が続く中、財政が大幅に悪化しており、企画省のもとで財政支出の削減・健全化が進められている。
 こうした中、現地報道によると、地理統計院(IBGE)は4月18日、2017年上半期の実施を予定していた農業センサス調査について、予算の大幅削減を受け、延期を決定した。
 同調査は10年に一度実施されており、前回は2007年に行われた。8万人規模の調査員により、国全体の農地および牧草地面積など大枠の数値に加え、規模別品目別農家の経営実態(栽培面積、従業員数、農薬や水資源の利用状況、機材導入状況、農地内の保全林の有無など)といった詳細なデータを収集するため、膨大な費用を必要としている。
 今回の延期で、政府が把握する統計情報が実態と乖離し、今後の農業政策や国内総生産(GDP)などの各種統計への影響が懸念される。

 IBGEは、同調査を2018年には実施したいとされるが、2015年にも予算不足で人口調査を一部中止している例もあることから、今後、同国の統計に対する信頼性が揺らぐ可能性も指摘されている。
【米元 健太 平成28年4月21日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-4391



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.