[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2016年 > 多雨の影響で、大豆生産量が下方修正(アルゼンチン)

多雨の影響で、大豆生産量が下方修正(アルゼンチン)

印刷ページ
 ブエノスアイレス穀物取引所(BOLSA)は4月21日、2015/16年度(9月〜翌8月)の大豆の生産量を、前回報告(6000万トン)から6.7%引き下げて5600万トンとした。BOLSAによると、穀倉地帯であるパンパ地域のサンタフェ州、コルドバ州、エントレリオス州を中心とした広い範囲で、4月の最初の2週間に深刻な多雨を記録し収穫が大幅に遅れ、既に判明しているだけで400万トン程度の被害を受けた。
 BOLSAは、4月中は雨が断続的に続き、水分過多の状況が改善されないことから、今後さらに下方修正する可能性があるとしている。
 なお、大豆と同様にトウモロコシの収穫も遅れているとみられるものの、減少見込みは発表されておらず、4月21日時点では2500万トンのままである。
写真 多雨で収穫ができない中、発芽して使いものにならなくなってしまった大豆(コルドバ州にてBOLSA撮影)
写真 多雨で収穫ができない中、発芽して使いものにならなくなってしまった大豆(コルドバ州にてBOLSA撮影)
【米元 健太 平成28年4月22日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-4391



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.