[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2016年 > ブロイラーおよび肉豚生産コストが上昇(ブラジル)

ブロイラーおよび肉豚生産コストが上昇(ブラジル)

印刷ページ
 ブラジル農牧研究公社(EMBRAPA)の養鶏・養豚調査センター(CIAS)が毎月公表しているブロイラーおよび肉豚生産コスト指数(注)によると、2016年2月の生産コスト指数がいずれも過去最高を記録した。これは、昨今のトウモロコシ需給逼迫を受けて、飼料用トウモロコシの価格が大幅に上昇していることによる(図1、2)。
 同指数は3月に多少低下したものの、国家食糧供給公社(CONAB)などによる2015/16年度(10月〜翌9月)の第2期作トウモロコシの生産予測が下方修正される中、今後の生産コスト上昇懸念が高まっている。

(注)ブロイラー生産コスト指数は2010年1月の生産コスト、肉豚生産コスト指数は2005年1月の生産コストをそれぞれ100としている。
図1
図2
 なお、EMBRAPAが公表しているブロイラーおよび肉豚生産コストは、いずれも飼料費が最も大きな割合を占めている(表)。
表
 ブラジル貿易審議会(CAMEX)は4月19日、トウモロコシ不足を補うために、南米南部共同市場(MERCOSUR)の加盟国以外からトウモロコシを輸入する際の対外共通関税(TEC)を5〜10月の6カ月間、最大100万トンを上限に一時的に非課税とすることを発表している。これにより、米国やウクライナなどからのトウモロコシ輸入が増加するとみられており、今後のトウモロコシ需給やブロイラーや肉豚の生産コストの推移に注目が集まっている。
【米元 健太 平成28年5月6日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-4391



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.