[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2016年 > 豚枝肉卸売価格が150ユーロ台まで回復(EU)

豚枝肉卸売価格が150ユーロ台まで回復(EU)

印刷ページ
 欧州委員会によると、2016年6月13日の週の豚枝肉卸売価格(EU28カ国)は、前週から1.5%上昇し、100キログラム当たり150.75ユーロ(1万8090円:1ユーロ=120円)となった(図1)。同価格が150ユーロ台まで戻したのは、2014年9月22日の週以来となる。
 同価格は、同年2月29日の週には同124.50ユーロ(1万4940円)まで落ち込んでいた。しかし、豚肉の生産量が2016年に入り前年並みで推移する中、アジア向けを中心に輸出量が増加したことで、価格が押し上げられたとみられる。
 
 2016年4月の豚肉輸出量(EU28カ国)を見ると、前年同月比85.6%増の23万トンと大幅に増加した(図2)。輸出量は、スペインおよびドイツを中心に、11カ月連続で前年同月を上回って推移している。
 輸出先別に見ると、最大の輸出先である中国向けが同3倍増の11万トンとなり、中国国内の豚肉供給不足により大幅に増えている。次いで、第2位の日本向けが同28.5%増、第3位の韓国が同20.2%増となっている。上位3カ国のほかにも香港、フィリピンおよびベトナム向けがいずれも同2倍増となるなど、アジア市場が豚肉輸出量の増加をけん引している。
 
 なお、欧州委員会は2016年6月20日に2016年4月のEU農畜産物の貿易黒字が前年同月比50.1%増の15億ユーロ(1800億円)となったと公表したが、増加の主な要因として、豚肉輸出量の増加を挙げている。
 
豚枝肉卸売価格の推移(EU28カ国)
豚肉輸出量の推移(EU28カ国)
【大内田 一弘 平成28年6月24日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-8527



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.