[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2016年 > 最大手JBS社、今後の米国向け生鮮牛肉輸出に期待(ブラジル)

最大手JBS社、今後の米国向け生鮮牛肉輸出に期待(ブラジル)

印刷ページ
 世界最大の食肉企業で、ブラジル最大の牛肉生産企業でもあるJBS社は10月18日、9月に始まった米国向け生鮮(冷蔵・冷凍)牛肉輸出の現状と今後の見通しについて言及した。
 これによると、同社が9月末にマットグロッソドスル州カンポグランジ工場(施設番号:S.I.F1662)から出荷した第1便(約25トン)は、10月14日に米国フィラデルフィアに到着し、2016年中の米国向け生鮮牛肉輸出については、月間1000トン(約40コンテナ)程度を見込んでいるとした。また、2017年上半期については、米国の旺盛な需要を受けて、月間2500トン(約100コンテナ)まで拡大するとの予想を行っている。

 JBSメルコスールのMiguel Gularde社長は、「JBSにとって対米生鮮牛肉輸出の解禁は、新しい市場を手に入れただけでなく、新規市場の開拓を戦略的に進める上で大変重要な意味を持つ」と述べており、さらなる輸出拡大と輸出先の多角化に意欲を見せている。

 なお、米国に輸出されるブラジル産牛肉には、米国がWTO協定に基づき設定している関税割当のうち、その他の国向けの一般枠(6万4805トン、2015年実績は4万4362トン(消化率68%)が適用され、ニカラグア産やホンジュラス産、チリ産などと競合することになる(表)。しかしながら、一般枠を消化して26.4%の関税が課せられた場合でも、ブラジル産は他国に勝る価格優位性を有しているとされる。
表
【米元 健太 平成28年10月25日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-4391



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.