[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2016年 > フォンテラ社、今年度3回目の乳価引き上げ(NZ)

フォンテラ社、今年度3回目の乳価引き上げ(NZ)

印刷ページ
ニュージーランド(NZ)最大手の酪農協系乳業メーカーであるフォンテラ社は11月18日、2016/17年度(6月〜翌5月)の生産者支払乳価の見込みを、乳固形分1キログラム当たり5.25NZドル(415円、1NZドル=79円)から同6.00NZドル(474円)に引き上げると発表した(図)。9月21日に続く今年度3回目の乳価改定の結果、同社が最終的に生産者に支払う金額は、1株当たり0.50〜0.60NZドル(40〜47円)の配当金(注)と合わせて、同6.50〜6.60NZドル(514〜542円)程度となる。
フォンテラ社の生産者乳価改定の推移
フォンテラ社の生産者乳価改定の推移
 同社は、今回の乳価引き上げの理由について、乳製品国際価格の回復と、同社の2016/17年度第1四半期の業績改善の2点を挙げている。
 乳製品国際価格については、需要が堅調な中、生乳生産量は、NZが多雨による牧草生育不良により前年度を下回って推移している上、EUや豪州といった主要な酪農地域も減産傾向となっているため、上昇基調にあるとしている。
 また、第1四半期の売り上げについては、金額ベースで前年同期比2%増、数量ベースでは同6%増とともに前年同期を上回ったとしている。中でも消費者向けや食品サービス産業向けの高付加価値乳製品の売り上げが好調で、売上全体に占める割合も31%(同3ポイント増)に増加したとしている。

 同社は今年度の集乳量について、前年度比で7%近い減少を見込んでおり、今年度のさらなる売上増に向けた懸念材料となるとしている。
 しかし、現地報道によると、今回の乳価引き上げは、供給減と需要増の両面に支えられて上昇した国際価格を反映したものであり、酪農家にとって増産のインセンティブとなることから、集乳量はそれほど減少しないとの見方もある。
  • 注:通常、フォンテラ社へ生乳を出荷する生産者は、生乳出荷実績に応じてフォンテラ社の株式を取得する(乳固形分1キログラムに対して1株)。このため、最終的に生産者に支払われる金額は、生産者乳価と配当金を合わせた金額となる。
【竹谷 亮佑 平成28年11月21日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9532



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.