[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2016年 > 食肉大手BRFグループ、中国に食肉処理・加工場を建設へ(ブラジル)

食肉大手BRFグループ、中国に食肉処理・加工場を建設へ(ブラジル)

印刷ページ
 世界有数の鶏肉・豚肉生産企業でブラジルに本拠を構えるBRFグループは11月下旬、3〜5年以内に中国に自前の食肉処理・加工場を建設する計画を発表した。
 同グループはグローバル戦略を推進する中で、アジアでもタイの鶏肉大手Golden Foods Siam社を買収するなどして成長を続けているが、主要輸出先国でさらなる需要を見込める中国市場に大いに注目している。
中国は、世界最大の豚肉消費国で、鶏肉消費量も米国に次ぐ第2位に位置づけられる。現地報道によると、同グループのアジア市場責任者であるSimon Cheng氏は、中国への投資の重要性に言及した上で、「今後3〜5年の間に中国に工場を建設する可能性が高いが、状況が良い場合は予定よりも早期に着手する可能性がある」としている。

 また、BRFグループは11月1日、香港株式市場において中糧集団有限公司(COFCO)の子会社であるCOFCO Meatの新規上場株式(IPO)の1.99%を2000万ドルで取得した。COFCO Meatは連携を深める中で、BRFグループの管理体制や生産方式の導入を検討しており、参画による影響度合いに注目が集まっている。
 豚肉のインテグレーターであるCOFCO Meatは、今年10月9日時点で47カ所の農場を有しているほか、と畜・処理場や加工場も2カ所ずつ保有しており、急速に成長を続けている。
【米元 健太 平成28年12月5日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-4391



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.