[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2016年 > 豪州フォンテラ社、乳価引き上げを発表(豪州)

豪州フォンテラ社、乳価引き上げを発表(豪州)

印刷ページ
 豪州フィードロット協会(ALFA)と豪州食肉家畜生産者事業団(MLA)は3月6日、共同で四半期ごとに実施している全国フィードロット飼養頭数調査の結果(2016年10〜12月期)を公表した。これによると、2016年12月末のフィードロット飼養頭数は、93万5788頭(前年比6.2%減、前回比18.6%増)となり、記録的な高水準となった前年こそ下回ったものの、前回調査からは大幅に増加し、90万頭台に回復した(図1)。
 ALFAによると、肥育もと牛価格は依然として高いものの、飼料穀物価格が前年同期比で2〜3割安となっている中、穀物肥育牛肉への需要が世界的に高まっており、多くのフィードロットでは、稼働率を引き上げたり、出荷体重を増加させたりと、生産効率を高める動きが見られるとしている。

(1)乳製品国際需給バランスの均衡

 飼養頭数を州別に見ると、最もフィードロット生産が盛んなクイーンズランド州と、収容能力の増強を図った西オーストラリア州では、前年比、前回比ともに増加している。それ以外の州では、いずれも前回比では増加しているものの、記録的な高水準となった前年からは大幅に減少している(表)。
 規模別に見ると、1000頭以下の比較的小規模なフィードロットでは減少したのに対し、特に1万頭以上の大規模なフィードロットでは増加した。

(2)売上増への期待

 NZは、内需が小さいことから、生産された乳製品の9割以上は輸出に仕向け られており、2015/16年度(4月〜翌3月)の乳製品輸出額は136億3100万NZドル(1兆1314億円)と、国際価格の下落による落ち込みは見られたものの、同国の総輸出額の約3割という高いシェアを有している。今後も、アジアやアフリカなど多くの地域で乳製品需要の増加が見込まれている。
 今回の調査では、保護主義的な政策によってNZが大きな不利益を受けているとの報告もあった。2015年をベースに試算したところ、関税が撤廃されれば、乳製品輸出量は2.1%増加し、輸出額は13億NZドル(1079億円)増えるとしている。逆に、関税がWTO税率まで引き上げられると、輸出量は7.4%減少し、輸出額は20億NZドル(1660億円)落ち込むとしており、世界各国における昨今の保護主義の台頭に懸念を示している。
 なお、VIC州北部は、豪州最大手乳業メーカーであるマレーゴールバン社の一大集乳地域とされている。しかし、現地報道によると、チーズの生産を主としているベガ社も、同地域での集乳シェア拡大を図っており、豪州全体で生乳生産の大幅な減少が見込まれる中、乳業メーカー各社が、乳価の引き上げなどにより、シェア拡大に向けてしのぎを削っている。
  • 注:2015/16年度の豪州における、生乳に占める乳固形分(乳脂肪と乳タンパク質の合計)の比率は、7.49%となっている。この比率で割り戻すと、乳固形分1キログラムは、生乳13.38キログラムに相当する。
【参考】各メーカーの乳価の推移
【竹谷 亮佑 平成29年2月6日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9532



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.