[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2017年 > トウモロコシの生育状況は前年を下回る水準(米国)

トウモロコシの生育状況は前年を下回る水準(米国)

印刷ページ
 米国農務省は2017年6月26日に公表した「Crop Progress」で、トウモロコシをはじめとする作物の生育状況について報告した。これによると、6月25日時点の主要18州におけるトウモロコシの生育状況について、「とても良い(Excellent)」および「良い(Good)」と回答した割合は、67%となり、前年同日比8ポイント低下した(図1)。一方、「とても悪い(Very poor)」および「悪い(Poor)」と回答した割合は、8%と前年同日比3ポイント上昇した。
170703 海外情報図1
 また、「とても良い(Excellent)」および「良い(Good)」と回答した割合を州別に見ると、最大のトウモロコシ生産州であるアイオワ州で79%と前年同日並みとなったものの、次いで生産量の多いイリノイ州で62%(前年同日比9ポイント減)、ネブラスカ州で74%(同5ポイント減)、ミネソタ州で78%(同3ポイント減)と前年を下回った(表)。
170703 海外情報表1
写真 トウモロコシの生育状況(アイオワ州にて2017年6月20日撮影、草丈は130センチメートル程度)
写真 トウモロコシの生育状況(アイオワ州にて2017年6月20日撮影、草丈は130センチメートル程度)
 2017年5月中旬以降、サウスダコタ州およびノースダコタ州は干ばつ傾向にあり、それぞれ前年同日比27ポイント減の46%、同25ポイント減の56%と大幅に前年を下回った(図2)。
干ばつ地域の周囲には、アイオワ州やミネソタ州といったトウモロコシ生産の盛んな地域が広がっているだけに、今後の干ばつの動向が注目されている。
170703 海外情報図2
【渡邊 陽介 平成29年7月3日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-4397



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.