[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2018年 > 農業水資源省、酪農家向けホームページを開設(豪州)

農業水資源省、酪農家向けホームページを開設(豪州)

印刷ページ
 豪州農業水資源省のデビット・リトルプラウド大臣は、7月6日、生産者支払乳価に影響を与える乳製品輸出価格などに関する情報を掲載するホームページを開設したと発表した。
 このホームページでは、乳業メーカーが輸出するチーズ、バター、脱脂粉乳および全粉乳の輸出価格を月ごとに掲載している。さらに、それら4品目の輸出価格と輸出量から算出される生乳価格指数(Australian Commodity Milk Price Index、以下「CMPI」という)と呼ばれる数値を、2008年を100とし、経年変化をグラフ化することで、酪農家が乳製品取引市場の動向を理解しやすいよう表示されている(写真)。同省は、このCMPIについて、1年後までの予測を行い、4半期に1度、予測値の見直しを行うとしている。
 
写真 豪州政府「Milk Price Index」のホームページ画面
写真 豪州政府「Milk Price Index」のホームページ画面
 また、今後は、このホームページを活用し、8つに区分した地域の酪農家から、現在受け取っている生産者支払乳価などに関するデータを任意で収集し、各地域における生産者支払乳価の指標価格を掲載していくとしている。
 そのほか、月1回レポートを発行し、生産者支払乳価に影響を与える、生乳生産量、降雨量、水取引価格、飼料価格の動向などに関する情報も提供していくとしている。
 これらの指標やホームページの作成に要する経費は、2015/16年度の乳業メーカーによる生産者支払乳価引き下げの影響を受けた酪農家を支援する事業により拠出された。
 リトルプラウド大臣は、「乳製品国際取引価格の動向に関する酪農家の理解が深まること、生産者支払乳価に関する透明性が向上することは、酪農家にとって良いことである。酪農の経営指標となる多くの情報を提供することにより、酪農家が経営判断を行う手助けとなる。政府は、これらの指標やホームページに関して、酪農業界へ意見を聞くとともに、業界からのフィードバックを歓迎する」としている。
 
【大塚 健太郎 平成30年7月12日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-4394



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.