[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2019年 > 米国農務省による世界のトウモロコシ・大豆需給予測(2019年5月)

米国農務省による世界のトウモロコシ・大豆需給予測(2019年5月)

印刷ページ

2019/20年度の世界のトウモロコシ生産量は前年度比1.3%増

 米国農務省海外農業局(USDA/FAS)は2019年5月10日、「Grain:World Markets and Trade」において、2019/20年度の世界のトウモロコシ需給見通しを初めて公開した。
 同レポートによれば、2019/20年度の世界のトウモロコシ生産量は、中国とウクライナが減産見込みであるものの、最大の生産国である米国において、トウモロコシの収穫面積が増加することに伴い、生産量も増産見込み(前年度比4.2%増)であることから、全体では同1.3%増の11億3378万トンと見込まれている(表1)。
 輸出量は、ウクライナがかなり前年度を下回るものの、増産が見込まれるブラジルでかなりの程度増加することなどから、同2.0%増の1億7133万トンと見込まれている。輸入量は、中国が大幅な増加見込みであることから、同2.0%増の1億7133万トンと見込まれている。
 消費量は、世界的に飼料需要が高まっており主要国で軒並み前年を上回り、中国では食品・種子・その他工業向け需要も堅調であることから、同1.1%増の11億4501万トンと見込まれている。期末在庫は、中国、ブラジル、ウクライナで取り崩しが進むことから、同3.4%減の3億1471万トンと見込まれている。
表1

2019/20年度の世界の大豆生産量は前年度比1.8%減

 USDA/FASが2019年5月10日に公表した「Oilseeds:World Markets and Trade」によると、2019/20年度の世界の大豆生産量は、ブラジルと中国が増産見込みであるのに対し、米国とアルゼンチンがそれを上回る減産見込みであることから、前年度比1.8%減の3億5566万トンと見込まれている(表2)。
 輸出量は、最大の輸出国であるブラジルが減少見込みであるものの、他の主要国が増加見込みであることから、同0.6%増の1億5115万トンと見込まれている。 
 輸入量は、世界の過半を占める中国が前年度をわずかに上回ることから、同0.8%増の1億5082万トンと見込まれている。
 消費量(搾油仕向け)は、最大の消費国である中国は前年並みであるものの、米国をはじめとする他の主要国が増加することから、同2.2%増の3億820万トンと見込まれている。
 期末在庫は、ブラジルと中国が増加見込みであるものの、米国とアルゼンチンで減少することから、同0.1%減の1億1309万トンと見込まれている。
表2

2019/20年度の米国のトウモロコシ生産量は前年度比4.2%増

 米国農務省世界農業観測ボード(USDA/WAOB)は2019年5月10日、2019/20年度(9月〜翌8月)の米国の主要農作物需給見通しを公表した。このうち、米国のトウモロコシ需給見通しは、次の通りである。
 生産量は、単収が前年度を下回るものの、収穫面積が前年度をやや上回ることから、前年度比4.2%増の150億3000万ブッシェル(3億8176万トン(注))と見込まれている(表3)。
 消費量は、飼料等向け、エタノール向けをはじめとする食品・種子・その他工業向けのいずれも増加することから、同1.6%増の124億ブッシェル(3億150万トン)と見込まれている。
 輸出量は、増加が見込まれているブラジル産、アルゼンチン産との競合の影響により、同1.1%減の22億7500万ブッシェル(5779万トン)と見込まれている。
 期末在庫は、生産量の増加および輸出量の減少見込みの影響により、同18.6%増の24億8500万ブッシェル(6312万トン)と、大幅な増加が見込まれている。
また、生産者平均販売価格は、1ブッシェル当たり3.30米ドル(1キログラム当たり14.3円:1米ドル=110円)と見込まれている。

(注)1ブッシェルを25.4キログラムとしてALICが換算。
表3
【藤原琢也 令和元年5月28日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際情報グループ)
Tel:03-3583-9533



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.