[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2017年 > デンマーク、最大手豚肉企業が中国に工場新設へ

デンマーク、最大手豚肉企業が中国に工場新設へ

印刷ページ
 デンマーク最大手の豚肉企業デニッシュクラウンは8月22日、2019年春を目標に、上海近郊に新工場を建設予定であることを同社のホームページで発表した。現地報道によると、同社は、同工場設立などに3億デンマーククローネ(54億円)を投資する計画がある。
 
 同社は、ますます欧米化していく中国市場を重要な市場と考えており、同日に、ラーセン環境食糧大臣立会いの下、中国の大手電子商取引企業アリババグループと、同社が運営するBtoCオンラインショッピングモール「Tmall」で豚肉販売を行うことについて合意している。
 同社のヴァラーCEOは、4億6600万人の利用者がいるTmallとの連携には大きな可能性があるとし、世界最大の豚肉市場である中国での豚肉販売に期待感を示している。
 
 デンマークの中国向け2016年豚肉輸出量は、前年比82.1%増の12万トンと大幅に伸びた。2017年上四半期は3万8000トンと、前年を49.6%下回るものの、前々年並みの高い水準となっている。
 
 
デンマーク、最大手豚肉企業が中国に工場新設へ
【大内田 一弘 平成29年8月28日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-8527



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.