[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 畜産の情報

畜産の情報

印刷ページ

最終更新日:2019年2月25日

◎各タイトルの右横にあるPDFファイル(PDFボタン)を押すと印刷用PDFが表示されます。

2019年3月号

■話題■
8年経っての現実 PDFファイル

〜福島県田村市の畜産の現状と課題〜
福島県田村市産業部農林課 課長 橋 博人


■需給動向
国内
◆牛肉 30年の牛肉輸入量、17年ぶりに60万トン超え

◆豚肉 30年の冷蔵豚肉輸入量、過去最高の40万トン超え

◆鶏肉 30年12月の鶏肉出回り量、過去2番目の高水準

◆牛乳・乳製品 31年度の輸入枠数量、脱脂粉乳・バターともに2万トン

◆鶏卵 鶏卵の輸出量・金額ともに5割増
 
海外
主要畜産国の需給PDFファイル

◆牛肉
(米国)生産量は増加も、価格は高値で推移
(豪州)2018年牛肉輸出量・生体牛輸出頭数ともに増加

◆豚肉
(米国)飼養頭数および生産量は増加も、今後の需給動向には懸念材料も
(チリ)2018年の輸出量、生産回復を受け増加
(中国)アフリカ豚コレラ続発も豚肉価格の変動は小さく、輸入量は減少
   
◆牛乳・乳製品
(米国)低乳価で推移するも、1頭当たり乳量の増加が増産をけん引
(EU)脱脂粉乳の公的在庫の売り渡しが進み、在庫はわずかに
(豪州)生乳生産量は月を追うごとに減少率が増大
(NZ)生乳生産量は8カ月連続で増加も、伸び率は鈍化
(中国)乳製品の輸入量が増加

◆飼料穀物
(世界)2018/19年度の世界のトウモロコシ貿易量は前年度比8.6%増
(米国)2018/19年度の米国の飼料等向けトウモロコシ消費量は前年度比1.3%増

■調査・報告■
2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた和牛のJGAP認証取得の意義と課題PDFファイル
中村学園大学 学長 甲斐 諭

国産飼料の増産・鶏肉の輸出促進に向けた飼料用米による国産鶏肉のおいしさの向上PDFファイル
国立大学法人神戸大学大学院 農学研究科 准教授 本田 和久

バター、脱脂粉乳およびチーズの流通実態調査の結果PDFファイル
畜産需給部 乳製品課

■海外情報
EU農畜産業の展望PDFファイル
〜2018年EU農業アウトルック会議から〜
調査情報部 国際調査グループ
 

豪州の牛肉生産・輸出動向PDFファイル
〜干ばつによる牛肉生産への影響と今後の見通し〜
調査情報部 大塚 健太郎、佐々木 勝憲

■農林水産省から
豚コレラ・アフリカ豚コレラの侵入防止対策を徹底しましょう!PDFファイル
農林水産省 消費・安全局 動物衛生課 家畜防疫対策室

薬剤耐性(AMR)対策についてPDFファイル
農林水産省 消費・安全局 畜水産安全管理課
 

■機構から
平成30年度「畜産の情報」に関するアンケート調査結果の概要PDFファイル
調査情報部

 

このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:企画情報グループ)
Tel:03-3583-4398  Fax:03-3584-1246



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.