[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
でん粉 でん粉分野の各種業務の情報、情報誌「でん粉情報」の記事、統計資料など

ホーム > でん粉 > でん粉の国内需給 > 国内のでん粉需給動向

国内のでん粉需給動向

印刷ページ

最終更新日:2011年4月8日

国内のでん粉需給動向

2011年4月

調査情報部

農林水産省、でん粉需給見通しを公表

 農林水産省は、2011年2月にでん粉の需給見通しを公表した。(表1)
 
 

(1)需要

〜22年度は前年度比11万4000トン増加の見込み〜

 我が国の22でん粉年度(10〜9月)の総需要量は、前年度比11万4000トン増の276万1000トンと見込まれる。うち、需要の約2/3を占める糖化製品については、10〜3月期の異性化糖の需要が残暑の影響から堅調に推移したため、前年度から9万7000トン増の180万9000トンとなっている。化工でん粉については、食品の原料向けが引き続き安定的に推移するとして、前年度比3000トン増となる35万2000トンと見込まれる。

 また、その他の用途については、製紙・段ボール用需要が不況の影響から回復基調にあること、水産練製品用やその他食品用の需要も堅調に推移すると見込まれることから、全体としては前年度比1万4000トン増の60万トンと見込まれる。

 なお、23でん粉年度の総需要量については、22年度の残暑による増加要因を考慮した上で、今後の需要動向等を見極める必要があるとして、前年度比2万6000トン減の273万5000トンの見通しとなっている。

(2)供給

〜22年度は国内産ばれいしょでん粉が大幅な減産〜

 22でん粉年度の供給については、前年度比9万7000トン増の276万7000トンの見込みである。その内訳は、かんしょでん粉4万5000トン、ばれいしょでん粉16万トン、コーンスターチ235万9000トン、輸入でん粉15万9000トンなどとなっている。

 かんしょでん粉は、植付期の低温、6月の大雨、夏期の夜温の高止まりなどの複合的な影響により集荷量が前年度比1万9000トン減の14万7000トンになったことから、前年度比7000トン減と見込まれる。ばれいしょでん粉についても、夏期の高温および多雨の影響による不作により、同3万8000トン減と大幅な減産の見込みとなった。コーンスターチについては、糖化製品の需要が回復傾向にあることや国内産いもでん粉が大幅な減産であったことを勘案し、同11万トン増と見込まれる。また、糖化製品および化工でん粉向けの輸入でん粉についても、国内産いもでん粉の減産から、同2万8000トン増の見込みとなっている。

◆天然でん粉輸入の動向◆

 
 
 
 
・1月の天然でん粉輸入量は、1万4600トン(前年同月比14.1%増) 内訳は、タピオカでん粉が41.0%増となる1万2500トン、サゴでん粉が61.6%減となる700トン、ばれいしょでん粉が33.3%減となる1300トンであった。

・1月の輸入価格(CIF)は、タピオカでん粉が続伸 タピオカでん粉価格が前月比2.1%高のトン当たり43,500円(前年同月比31.2%高)、ばれいしょでん粉価格が12.4%安の69,700円(76.7%高)であった。ともに需給がひっ迫しているため、前年の水準を大幅に上回っている。

◆化工でん粉輸入の動向◆

 
 
・1月の化工でん粉輸入量は、2万8300トン(前年同月比3.3%増)

 内訳は、でん粉誘導体(HScode3505.10.100)が2万7800トン、デキストリン(HScode3505.10.200)が500トンであった。でん粉誘導体の輸入先国は、タイが1万5900トンと6割近くを占め、次いで米国3000トン、ベトナム1800トン、中国1700トンとなっている。でん粉誘導体の輸入価格(CIF)は、前月比0.4%高のトン当たり75,100円。デキストリンは32.0%安の108,600円なった。
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:企画情報グループ)
Tel:03-3583-8713



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.