[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
でん粉 でん粉分野の各種業務の情報、情報誌「でん粉情報」の記事、統計資料など

ホーム > でん粉 > でん粉の国際需給 > でん粉の需給・価格動向

でん粉の需給・価格動向

印刷ページ

最終更新日:2012年6月19日

でん粉の需給・価格動向(EU追記)

2012年6月

調査情報部

海外のでん粉需給動向

ばれいしょでん粉

EU

3月の輸出価格、トン当たり630ユーロと続落
 
 
 3月のばれいしょでん粉輸出量は、3万5500トンの前年同月比65.9%増と大幅に増加した。この結果、2012年第1四半期の輸出量は、前年同期比45.6%増の9万8200トンとなった。第1四半期における国別輸出量の合計は、米国向け1万4800トン(前年同期比27.2%増)、韓国向け1万4000トン(前年同期比78.5%増)、中国向け7000トン(同16.8%減)、ペルー向け4400トン(同79.0%増)、日本向け4300トン(同84.6%増)であった。

 また、輸出価格(FOB)は、ユーロ安もあり前年同月比17.0%安となるトン当たり630ユーロ(62,000円)で、前月から40ユーロ安かった。

(1ユーロ=99.12円、5月末日TTS相場)

化工でん粉

EU

3月の輸出価格、トン当たり900ユーロ
 
 
 3月のデキストリンおよびその他の化工でん粉の輸出量は、前年同月比2.2%増の3万9800トンとなった。この結果、2012年第1四半期の輸出量は、前年同期比4.0%増の11万100トンとなった。第1四半期における国別輸出量の合計は、トルコ向け2万3000トン(前年同期比5.8%減)、ロシア向け1万1200トン(同35.8%増)、日本向け1万100トン(同97.4%増)、韓国向け8000トン(前年同期と比べ2倍増)、中国向け6800トン(前年同期比24.8%減)であった。今年に入り、日本および韓国向けの輸出量が著しく増加した。

 また、輸出価格(FOB)はユーロ安もありトン当たり900ユーロ(89,000円)と前月から続落しているものの、前年同月比2.6%高で依然、高水準である。
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:企画情報グループ)
Tel:03-3583-8713



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.