[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
でん粉 でん粉分野の各種業務の情報、情報誌「でん粉情報」の記事、統計資料など

ホーム > でん粉 > 機構から > 「日本の肉用牛経営 −輸入自由化から20年を経て−」の出版について

「日本の肉用牛経営 −輸入自由化から20年を経て−」の出版について

印刷ページ

最終更新日:2013年5月28日

「日本の肉用牛経営 −輸入自由化から20年を経て−」の出版について

2013年4月

畜産経営対策部

 日本の畜産、肉用牛生産に大きな影響を与えた牛肉の輸入自由化から20余年が経過しました。この間、BSEや口蹄疫の発生、消費者ニーズの多様化など、肉用牛経営をめぐる生産現場、流通、消費の状況は大きく変化してきました。そのような中で、日本の肉用牛経営は、その変化にたくましく対応しながら、今に至っています。

 今後、FTA・EPA交渉が拡大する中で日本の肉用牛経営をどう捉え、考えていくかは、肉用牛生産に携わる者にとって重要な課題となることと思います。

 今般、当機構では、これまで「畜産の情報」などで提供してきた情報に、肉用牛を取り巻く現状と課題などの調査結果を加筆し、「日本の肉用牛経営 −輸入自由化から20年を経て−」として編さんいたしました。

 この書籍が、日本の肉用牛、特に肉専用種の経営の変化と現状の課題を概観し、今後を展望するための資料として、皆様のお役にたてれば幸いです。
 
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:企画情報グループ)
Tel:03-3583-8713



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.