[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖の国際需給・需給レポート > 2.近年の国際砂糖需給構造の変化(2007/08⇒2012/13年度)

2.近年の国際砂糖需給構造の変化(2007/08⇒2012/13年度)

印刷ページ

最終更新日:2013年2月12日

2.近年の国際砂糖需給構造の変化(2007/08⇒2012/13年度)

2013年2月

調査情報部

 
生産量

 2012/13年度における世界最大の生産国はブラジルとなり、以下、インド、EU、中国、タイ、米国、メキシコ、パキスタンの順となる見通しである。これらの順位は2007/08年度と変わらない。ブラジルは世界の需要増加を背景に増産し、世界生産の2割強を占める。インドは、政府の価格政策や天候の影響により年によって生産量の変動が大きい。タイは、さとうきびの作付け増加で生産量が大幅に増加している。ロシアは、てん菜の作付け増加を背景に生産量が拡大しており、パキスタンに次ぐ生産国になるとみられている。


消費量

 2012/13年度における世界最大の消費国はインドとなり、以下、EU、中国、ブラジル、米国の順となる見通しである。これらの順位は2007/08年度と変わらない。インド、中国、インドネシアをはじめとするアジア諸国では、人口増加と経済発展を背景に消費量が年々増加している。インドネシアはロシアを上回り、米国に次ぐ消費国になると予測されている。
 
輸入量

 2012/13年度における世界最大の輸入国はEUとなり、インドネシア、米国がこれに次ぐ見通しである。2007/08年度に最大の輸入国であったインドネシアは、消費量の増加に伴い輸入量も増加しているものの、EUの輸入量がこれを上回るとみられている。EUと並ぶ世界第2位の輸入国であったロシアは、国内生産の増加により輸入量の減少が見込まれている。米国は、2008年に北米自由貿易協定(NAFTA)の下、メキシコとの間で甘味料貿易の完全自由化を実施した影響により同国からの輸入が増加している。


輸出量

 2012/13年度における世界最大の輸出国はブラジルとなり、タイ、豪州がこれに次ぐ見通しである。ブラジルは世界の需要増加を背景に輸出量が増加し、世界輸出の5割弱を占める。タイは、増産により輸出余力が拡大し、世界輸出に占める割合の増加が見込まれている。一方、豪州、南アフリカは減産により、輸出量は2007/08年度と比べ減少の見通しとなっている。インドは、年によって生産量の変動が大きく、豊作年には輸出国、不作年には輸入国となる。2012/13年度は生産量が消費量を上回るとの見通しから、メキシコに次ぐ輸出国になるとみられている。

注:EUは、2005/06年度まで純輸出地域であったが、2006/07年度からの砂糖制度改革に伴う生産縮小で純輸入地域に転じた。輸入先は、特恵アクセスを認めているACP諸国(EUの旧植民地であるアフリカ、カリブ、太平洋諸国)およびLDC諸国(後発開発途上国)が中心となっている。
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:企画情報グループ)
Tel:03-3583-8713



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.