[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖の国際需給・需給レポート > 1. 世界の砂糖需給(2014年9月時点予測)

1. 世界の砂糖需給(2014年9月時点予測)

印刷ページ

最終更新日:2014年10月10日

1. 世界の砂糖需給(2014年9月時点予測)

2014年10月

 
 英国調査会社AgraCEAS Consulting社の2014年9月現在の予測によると、2013/14国際砂糖年度の世界の砂糖生産量は、1億8120万トン(粗糖換算(以下、特段の断りがない限り砂糖に係る数量は粗糖換算)、前年度比1.8%減)とわずかな減少が見込まれている(表1)。

 地域別の生産量シェアの多い順に見ると、アジアは、インドがやや減産となっているものの、中国がやや増産、タイがかなり増産の見込みとなったことから、砂糖生産量は6862万トン(前年度比2.1%増)の見込みである。南米は、ブラジルの減産により砂糖生産量は4632万トン(同4.9%減)、北米では、米国およびメキシコの減産により砂糖生産量は2244万トン(同5.4%減)、EUは、フランスがわずかな増産となっているものの、ドイツの大幅な減産により1642万トン(同5.5%減)、アフリカは、南アフリカが大幅に増産したことから1207万トン(同7.2%増)、オセアニアは461万トン(同8.2%減)の見込みである。

 なお、2013/14砂糖年度(9月予測)の生産シェアはアジアが38%、南米が26%、北米が12%、EUが9%、アフリカが7%、オセアニアが3%、その他が5%となっている。

 同年度の世界の砂糖消費量は、1億7558万トン(同1.8%増)とわずかな増加が見込まれている。これは、消費量の46%を占めるアジア(特にインド、中国、インドネシア)が8109万トン(同2.7%増)や消費量の11%を占めるアフリカが1967万トン(同3.1%増)と新興国の需要がけん引していることが要因とされている。2013/14年度は生産量が消費量を上回り、期末在庫率は前年度から0.1ポイント上昇し、44.6%になると見込まれている(図2)。

 また、2014/15砂糖年度の世界の砂糖生産量は、ブラジルが減産するものの、インドや中南米諸国の増産により1億8461万トン(同1.9%増)とわずかに増加する見通しである。同年度の世界の砂糖消費量はアジアやアフリカが需要をけん引し続けることから、1億7891万トン(同1.9%増)とわずかに増加するとの見通しであり、期末在庫率は前年度から0.2ポイント低下し、44.4%になるとしている。
 
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:企画情報グループ)
Tel:03-3583-8713



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.