[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構

ホーム > 砂糖・でん粉の生産地から > 地方事務所だより > 第5回 徳之島町食と農林漁業の祭典(さとうきび生産改善共励会 表彰式)の開催について

第5回 徳之島町食と農林漁業の祭典(さとうきび生産改善共励会 表彰式)の開催について

印刷ページ

最終更新日:2017年12月11日

2017年12月

鹿児島事務所 石井 稔
 
 平成29年11月12日(日)、鹿児島県奄美群島の徳之島において、第5回徳之島町食と農林漁業の祭典が開催された。このイベントは、徳之島町農林漁業者の経営意欲の高揚と農林漁業者相互の親睦と連携感を深め、体質の強い農業経営の確立を基礎にした自主自立の活力に満ちた潤いのある村づくりに資することを目的として、年1回開催されている。 
 当日は、徳之島町長の高岡秀規氏の開会挨拶に続き、当機構近藤康子副理事長が来賓の祝辞を行った。祝辞では、まず初めに、本年の様々な自然災害により被害を受けられた生産者、関係者にお見舞いを申し上げた後、「当機構は、国内産農畜産物の生産者の皆様への経営安定対策や需給調整・価格安定対策などの業務を行っています。あらためて申し上げるまでもなく、サトウキビは、南西諸島に欠くことのできない基幹作物であり、地元の工場で製糖されている砂糖の原料として地域経済を支える重要な役割を担っております。」と価格安定制度の必要性を述べた。
 
 

祝辞を述べる近藤副理事長
祝辞を述べる近藤副理事長

 その後、公益社団法人鹿児島県糖業振興協会主催の平成29年産さとうきび生産改善共励会 農家の部優秀賞(農畜産業振興機構理事長賞)を受賞した徳之島町のさとうきび生産者南郷誠氏に対し、表彰状が授与された。
 南郷氏は、平成8年度から本格的に就農し、補助事業等による高性能トラクターや管理機械およびハーべスターの導入を図り、営農集団の組合長の傍ら、受託収穫作業の面積が多いなか、今後の規模拡大を検討しており、地域の模範的リーダーとなっているなど、高齢化に伴い重労働となっている収穫作業の軽減の取り組みが評価され、今回の受賞となった。

南郷氏へ機構理事長賞を授与
南郷氏へ機構理事長賞を授与

機構理事長賞を受賞した南郷氏
機構理事長賞を受賞した南郷氏

 会場では、徳之島産の黒糖などの特産品の販売ブースが出展しており、大勢の来場客で賑わった。
 当機構は、今後とも関係者との連携を図りつつ、砂糖の価格調整制度や砂糖の正しい知識の普及並びに地域の農畜産業の発展に貢献してまいりたいと考えている。
 

徳之島産の黒糖の製造
徳之島産の黒糖の製造

徳之島産の黒糖を買い求める消費者
徳之島産の黒糖を買い求める消費者

このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 地方事務所 (担当:鹿児島事務所)
Tel:099-226-4731

広報・情報配信

  • メールマガジン
  • 農畜産業振興機構 RSS配信



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.