[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
消費者コーナー 「食」の安全・安心や食育に関する情報、料理レシピなど

ホーム > 消費者コーナー > 広報誌 > 【まめ知識】ブロッコリーとケールから生まれた「アレッタ」

【まめ知識】ブロッコリーとケールから生まれた「アレッタ」

印刷ページ

最終更新日:2016年1月6日

アレッタの特徴

1

 アレッタは、ブロッコリーとケール(青汁の原料として用いられている野菜)を掛け合わせた日本生まれの野菜で、平成23年3月に品種登録されています。なばな類に分類され、見た目は茎ブロッコリーにそっくりですが、葉も茎もつぼみも全て食べられます。
 アレッタはケール特有の苦みはなく、茎の部分には甘みがあります。また、つぼみにはブロッコリーの約3倍のカロテンやビタミンKが含まれています。

アレッタの栽培

2

 三重県のJA伊勢は、全国でもまだ珍しいアレッタを栽培する産地のひとつです。管内では、平成24年5月に栽培を開始し、27年11月現在、生産者12名が35aのほ場で栽培しています。
 この産地では、7月上旬以降に種をまき、20日ほど育苗した後、堆肥をたっぷり投入したほ場に定植します。11月上旬以降、伸びてきた頂花蕾(ちょうからい:株の中心や先端にできる花のつぼみ)がピンポン玉ほどの大きさになったところで、わき芽を残すように主茎を切って収穫します。収穫したアレッタは、長さを切りそろえて150gになるよう計量し、袋詰めしてJAの集荷場に集められます。今年の出荷時期は、11月から4月までで、名古屋市場に出荷しています。

産地から一言:おすすめの食べ方

 生のままでも食べられるアレッタは、アク抜きや下ゆでの必要がなく、手軽に調理できるうれしい野菜です。天ぷらや炒め物、ごま和えなど、茎の甘みと歯ごたえを生かした調理のほか、肉との相性も良いので、肉巻きもおすすめです。

3

作り方

このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 企画調整部 (担当:広報消費者課)
Tel:03-3583-8196



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.