[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
消費者コーナー 「食」の安全・安心や食育に関する情報、料理レシピなど

ホーム > 消費者コーナー > 広報誌 > 【まめ知識】鶏肉をおいしく

【まめ知識】鶏肉をおいしく

印刷ページ

最終更新日:2016年3月3日

 良質なたんぱく質が多く含まれることが知られている食肉の中でも、皮を取り除いた鶏肉は、牛肉や豚肉と比べて脂肪の少ないお肉です。また、ほかの食肉にも含まれてはいますが、特に鶏肉のむね肉には、酸化を予防する働き(抗酸化作用)や疲労回復を促したり、血圧を下げたりする働きを持つカルノシンとアンセリンが比較的多く含まれていることも、特徴のひとつです。
 むね肉は、肉質が軟らかく、淡白な味が、また、もも肉は、むね肉に比べて肉質はやや硬めであるものの、コクのある味が楽しめ、食卓ではおなじみのお肉です。そこで、今回は、むね肉を使った親子丼を、家庭でできるひと工夫とともに紹介します。

資料:(公財)日本食肉消費総合センター「お肉のあれこれミニ事典」
資料:(公財)日本食肉消費総合センター「お肉のあれこれミニ事典」

ひと手間かけて、もっとおいしく!

 むね肉は、火を通しすぎるとパサパサになってしまうので、火加減に注意しましょう。お鍋に入れる前に、片栗粉をまぶすと膜ができ、しっとりとした仕上がりになります。
 また、鶏肉にマヨネーズを揉み込んで、しばらくおいてから調理すると、火を通しても硬くなりにくく、ふっくら感が長持ちします。ただし、マヨネーズを使う時は、ほかの調味料はやや薄味にしましょう。

親子丼

作り方

前のページ                                                       

このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 企画調整部 (担当:広報消費者課)
Tel:03-3583-8196



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.