[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
消費者コーナー 「食」の安全・安心や食育に関する情報、料理レシピなど

ホーム > 消費者コーナー > 広報誌 > 【機構の動き】第26回加工・業務用野菜産地と実需者との交流

【機構の動き】第26回加工・業務用野菜産地と実需者との交流

印刷ページ

最終更新日:2016年5月11日

視察

ブース

 alicでは、加工・業務用需要に対応した契約取引を推進するため、3月15日(火)に第26回加工・業務用野菜産地と実需者との交流会を、東京流通センターにて開催しました。  
 今回は、127の事業者・団体が出展し、815名の方にご来場いただき、各ブースや商談スペースで、商談や情報交換が盛んに行われました。    
 オープニングセレモニーには、齋藤健農林水産副大臣にお越しいただき、その後、会場内を視察され、各ブースでは出展者と熱心な意見交換をされていました。  
 予約制の「特別商談会」には実需者9者と出展者32者が参加し、77件の商談が行われました。  
 また、会場内に設けられたセミナー会場において、農林水産省およびalic担当者から、契約野菜関連事業の説明会を行いました。また、野菜流通カット協議会主催の「野菜産地と実需者によるセミナー・パネルディスカッション」を実施し、200名を超える参加者は熱心に耳を傾けていました。

 
【参考】月報『野菜情報』2016年5月号「第26回加工・業務用野菜産地と実需者との交流会の概要」  
https://vegetable.alic.go.jp/yasaijoho/senmon/1605/chosa04.html

前のページ               次のページ


このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 企画調整部 (担当:広報消費者課)
Tel:080-3583-8196



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.