[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
消費者コーナー 「食」の安全・安心や食育に関する情報、料理レシピなど

ホーム > 消費者コーナー > 広報誌 > 【機構の動き】豪州食肉家畜生産者事業団との定期情報交換会議を開催

【機構の動き】豪州食肉家畜生産者事業団との定期情報交換会議を開催

印刷ページ

最終更新日:2018年9月5日

写真

 6月7日(木)、豪州食肉家畜生産者事業団(MLA)との定期情報交換会議を開催しました。この会議は、牛肉の需給動向などに関する情報交換を行う場として、原則として毎年度、日本と豪州で交互に開催しているもので、26 回目の今回は日本での開催となりました。
 会議では、MLAのリチャード・ノートン社長とalicの佐藤理事長のあいさつ後、双方から日本および豪州の牛肉需給動向の説明がありました。これらに対して双方から活発な意見が交わされ、貴重な情報交換の場となりました。
日本は豪州牛肉業界にとって重要な市場ではありますが、豪州は70 か国以上に牛肉を輸出しており、今後も特定の国に着目して輸出拡大を図るのではなく、それぞれの輸出先での好みなどを研究し、競争力を高めていきたいとのことでした。
 会議の最後には、今後も両国の牛肉をめぐる情報の交換や、双方の職員の交流などを通じて関係を深めていくことを確認し、閉会しました。

 
前のページ         次のページ
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 企画調整部 (担当:広報消費者課)
Tel:03-3583-8196



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.