[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
消費者コーナー 「食」の安全・安心や食育に関する情報、料理レシピなど

ホーム > 消費者コーナー > 広報誌 > 【機構の動き】「第10回食育推進全国大会 in すみだ2015」に参加しました

【機構の動き】「第10回食育推進全国大会 in すみだ2015」に参加しました

印刷ページ

最終更新日:2015年9月2日

 平成 27 年6月 20 日(土)〜 21 日(日)の2日間、東京都墨田区において「第 10 回食育推進全国大会in すみだ2015」が開催されました。この大会は、内閣府と開催地の自治体により、食育月間である6月に毎年全国各地を巡り開催されているもので、alicは第1回から参加しています。
 今年は「夢をカタチに!未来につなぐ豊かな食育」をテーマに墨田区内で様々なイベントが行われました。墨田区総合体育館と錦糸公園では官公庁から市民団体まで126団体のブースが設けられました。今年採れた青梅を利用したシロップ作りや、野菜の細工切りの実演コーナーなど、体験・学習が出来るブースが多く、順番待ちの長い行列が出来ていました。また、江戸東京博物館や国際ファッションセンターでは、食に関する講演会や様々なワークショップが開かれました。

クイズを通じて“なるほど国産品!”

 alicは「食肉、牛乳・乳製品、野菜、砂糖、でん粉のことを知って、食べて健やかな身体を育む」をテーマに、墨田区総合体育館に出展しました。alicの業務や業務に関連する農畜産物のパネルや模型などを展示・紹介するとともに、より楽しみながら農畜産物に興味を持ってもらえるようクイズを実施して、多くの方に参加いただきました。
 alicのブース内では、栄養学専攻の大学生や親子連れが職員に熱心に質問をされたり、日頃あまり目にすることのないさとうきびやてん菜など砂糖の原料を見て驚く方もいらっしゃいました。ブースでのパネルや模型の展示・そしてその説明を通じて、多くの方々に農畜産物の生産者と消費者の間をつなぐalicの仕事を知っていただけました。2日目は雨が降る悪天候でしたが、今大会の2日間の来場者数は4会場で約4万人に達しました。

 なお、次回は平成 28 年6月 11 日(土)〜 12 日(日)に福島県郡山市にて開催が予定されています。

食育1

食育2

前のページ               次のページ

このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 企画調整部 (担当:広報消費者課)
Tel:03-3583-8196



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.