[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 各種業務の実施に関する情報 > 機構による指定乳製品等の輸入・売渡し > 指定乳製品等の輸入 > 平成29年度脱脂粉乳の追加輸入に係る入札の実施について

平成29年度脱脂粉乳の追加輸入に係る入札の実施について

印刷ページ

最終更新日:2017年5月30日


 加工原料乳生産者補給金等暫定措置法(昭和40年法律第112号)第13条第2項及び第16条第1号の規定に基づき、脱脂粉乳の輸入及び売渡しを下記のとおり実施しますので、お知らせします。
 

 
1 脱脂粉乳の輸入及び売渡しについて
(1)入札に付する数量          12,000トン
  ア 輸入業務委託入札(一般方式)2,000トン
     特A規格              1,000トン
     A規格                1,000トン
  イ 売買同時入札(SBS方式)   10,000トン
 
(2)輸入及び売渡し入札の実施
  ア 一般方式  2,000トン
     日時:平成29年6月8日(木)午前11時から同11時30分まで
     場所:当機構北館1階会議室
     引渡期限:平成29年10月31日(火)まで
  イ SBS方式   10,000トン
   (ア)第1回目  5,000トン
     日時:平成29年6月13日(火)午前11時から同11時30分まで
     場所:当機構北館1階会議室
     引渡期限:平成29年12月22日(金)まで
   (イ)第2回目  5,000トン
     日時:平成29年6月27日(火)午前11時から同11時30分まで
     場所:当機構北館1階会議室
     引渡期限:平成29年12月22日(金)まで
          →平成30年 2月28日(水)まで(変更)


輸入業務委託条件等



 

<独立行政法人の契約に係る情報の公表>

 独立行政法人が行う契約については、「独立行政法人の事務・事業の見直しの基本方針」(平成22年12月7日閣議決定)において、独立行政法人と一定の関係を有する法人と契約をする場合には、当該法人への再就職の状況、当該法人との間の取引等の状況について情報を公開するなどの取組を進めるとされているところです。
 これに基づき、以下のとおり、当機構との関係に係る情報を当機構のホームページで公表することとしますので、所要の情報の当方への提供及び情報の公表に同意の上で、応札若しくは応募又は契約の締結を行っていただくよう御理解と御協力をお願いいたします。
 なお、案件への応札若しくは応募又は契約の締結をもって同意されたものとみなさせていただきますので、ご了知願います。

1 公表の対象となる契約先
 次のいずれにも該当する契約先
(1) 当機構において役員を経験した者(役員経験者)が再就職していること又は課長相当職以上の職を経験した者(課長相当職以上経験者)が役員、顧問等として再就職していること 
(2) 当機構との間の取引高が、総売上高又は事業収入の3分の1以上を占めていること
※ 予定価格が一定の金額を超えない契約や光熱水費の支出に係る契約等は対象外

2 公表する情報
 上記に該当する契約先について、契約ごとに、物品役務等の名称及び数量、契約締結日、契約先の名称、契約金額等と併せ、次に掲げる情報を公表します。
(1) 当機構の役員経験者及び課長相当職以上経験者(当機構OB)の人数、職名及び当機構における最終職名
(2) 当機構との間の取引高
(3) 総売上高又は事業収入に占める当機構との間の取引高の割合が、次の区分のいずれかに該当する旨
    3分の1以上2分の1未満、2分の1以上3分の2未満又は3分の2以上
(4) 一者応札又は一者応募である場合はその旨

3 当方に提供していただく情報
(1) 契約締結日時点で在職している当機構OBに係る情報(人数、現在の職名及び当機構における最終職名等)
(2) 直近の事業年度における総売上高又は事業収入及び当機構との間の取引高

4 公表日
 契約締結日の翌日から起算して原則として72日以内(4月に締結した契約については原則として93日以内)
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 畜産需給部 (担当:乳製品課)
Tel:03-3583-8603



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.