[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構

ホーム > 砂糖・でん粉の生産地から > 地方事務所だより > 平成29年産てん菜糖の製糖が終了

平成29年産てん菜糖の製糖が終了

印刷ページ

最終更新日:2018年6月22日

2018年5月


札幌事務所 小峯 厚  
 
 北海道の製糖企業各社における、平成29年産てん菜糖の製糖は、日本甜菜製糖渇闔コ製糖所が平成30年5月27日に終了したことをもって、すべて終了した。
  各工場の製糖期間は、表のとおりであるが、北海道糖業竃k見製糖所を除くすべての工場において、昨年に比べ製糖延べ日数が長くなっている。これは、平成28年産は、相次ぐ台風の影響による被害が発生し、てん菜の生産量が減少したことに対し、29年産は好天に恵まれ、順調に生育したことで生産量、品質ともに良好となったことが原因であると見られる。
 

表 各製糖工場の製糖期間

 北海道農政部生産振興局農産振興課が「砂糖類・でん粉情報」2018年6月号に掲載した「平成29年産てん菜の生産状況について」によると、平成29年産は、生産者の高齢化等による労働力不足や他作物への転換により、作付面積は減少したものの、10アール当たりの収量が過去10年間で最高となったことで、てん菜の生産量は、対前年比122%の390万トンとなった。また、てん菜の品質が良好であったことから、平均根中糖分についても、17.1%と前年産を0.8ポイント上回った。
 以上のことから、平成29年産てん菜糖の生産量は、豊作であった27年産には及ばないものの、28年産の50万6千トンを大きく上回り、65万7千トンとなった。

      

図

このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 地方事務所 (担当:札幌事務所)
Tel:011-221-0786

広報・情報配信

  • メールマガジン
  • 農畜産業振興機構 RSS配信
  • 消費者コーナー 「食」の安全・安心や食育に関する情報、料理レシピなど
  • 国際情報コーナー 海外のトピックス、需要・価格情報など
  • 畜産物の需給予測
  • 野菜情報提供システム ベジ探
  • 加糖調整品コーナー
  • LIN 畜産情報ネットワーク



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.