[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
野菜 野菜分野の各種業務の情報、情報誌「野菜情報」の記事、統計資料など

ホーム > 野菜 > 各種業務の実施に関する情報 > 加工・業務用野菜産地と実需者との交流会 > 出展者一覧 > 出展者情報:クラカグループ 倉敷青果荷受組合

出展者情報:クラカグループ 倉敷青果荷受組合

印刷ページ

出展者からメッセージ

クラカグループ(倉敷青果荷受組合)は岡山県倉敷市公設地方卸売市場大卸(荷受業者)として青果物の供給に携わってまいりました。平成10年4月に【洗浄殺菌カット野菜】製造工場を立ち上げ、現在平成29年12月までに合計9度に亘る拡張増設を行い、総面積約2,770u、日量処理能力約40トンの生産体制を確立致しました。平成21年4月には青果卸売市場業界では初となる、【ISO22000・食品安全マネジメントシステム】を認証取得し、小売業【スーパー・ドラッグストア・コンビニエンスストア】をはじめ、外食産業・中食産業・産業給食、病院給食受託業者、食品製造工場、CVS惣菜ベンダー等の【加工・業務用実需者】の方々に日々「安心・安全」な青果物を安定的に供給しております。契約取引を積極的に推進し、農林水産省【国産野菜の生産・利用拡大優良事業者表彰】におきまして、第2回・第4回と合計2度にわたり最高賞である【農林水産大臣賞】を受賞致しました。現在の売上構成比率は、小売業【スーパー・ドラッグストア・コンビニエンスストア】33%(内コンシューマーパックサラダ13%)外食産業25%、食品製造工場【CVSベンダー】20%、給食受託業者13%、百貨店デパ地下惣菜8%、仲卸等市場販売が7%となっております。昨今の生活スタイルの変化に伴い消費動向が劇的に変化する中、加工業務用需要に対応できる体制を構築する為に、消費者向けパックサラダの製造ライン【自動計量・包装ライン】を導入し生産能力を日量4万5千パックまでに引き上げました。青果物の周年安定供給を実現するために契約取引を推進しISO22000【HACCP手法】による生産加工出荷まで一貫した安全管理を実現し【加工業務用】需要により多くお応えできる【中間事業者】となるよう日々邁進しております。

取扱品目について

取扱品目 出荷時期 取扱数量 備考
業務用カット野菜全般 365日対応    
業務用ホール野菜全般 365日対応    
消費者向けカット野菜 365日対応    
店舗販売用小分け野菜 365日対応    
地産地消ドレッシング 365日対応    
県産果実全般 果実により時期はそれぞれ    

出展者概要

団体名 クラカグループ 倉敷青果荷受組合
住所 岡山県倉敷市西中新田525-21
担当者名 青果事業部 カット野菜部 課長 寺田 幸司
TEL 086-425-2100
FAX 086-425-2213
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 野菜業務部 (担当:直接契約課)
Tel:03-3583-9818  Fax:03-3583-9484



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.