[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
野菜 野菜分野の各種業務の情報、情報誌「野菜情報」の記事、統計資料など

ホーム > 野菜 > 各種業務の実施に関する情報 > 加工・業務用野菜産地と実需者との交流会 > 出展者一覧:出品分類別(きのこ類)

出展者一覧:出品分類別(きのこ類)

印刷ページ

出展者の紹介

平成30年3月15日(木)開催の「国産野菜の契約取引 マッチング・フェア in 東京」(会場:東京国際フォーラム ホールE)にて「きのこ類」を出品される出展者の一覧です。

出品分類別出展者一覧


飯山中央市場株式会社
所在地:[長野県飯山市]
主な取扱品目: きのこ 、キャベツ・白菜・レタス・大根・人参 、アスパラ・胡瓜・枝豆・ズッキーニ 、桃・ブドウ・りんご・西瓜・梨・苺 、漬物・米 、塩漬・水煮・ビン詰
メッセージ:
当社は、全国の食品加工メーカー、ベンダー等に安定的に食材を提供する業務を行っております。当社スタッフが産地から顧客へ橋渡しの一端を担い、安定的な納入をお手伝い致します。既に各地で実績のある担当者がご説明致します。 お気軽にお問い合わせくださ…

農事組合法人サンエスファーム
所在地:[長崎県南島原市]
主な取扱品目: 生椎茸 、しいたけパウダー 、しいたけかりんとう
メッセージ:
長崎県雲仙山麓のきれいな水を用いて、通常サイズの約2倍の重量の肉厚の生椎茸を栽培しております。弾力性のある食感で旨みが凝縮しており、24時間体制の空調管理システムによって、通年の生産・出荷が可能です。普段の料理を手軽に、より美味しく楽しんで…

有限会社鈴木農園
所在地:[福島県郡山市]
主な取扱品目: なめこ 、人参 、蕪 、枝豆
メッセージ:
弊社はジャンボなめこ等のなめこを年間800〜1200t栽培し、栽培後のオガクズを堆肥とし、減農薬・減化学肥料栽培で枝豆を22?、人参を10?、カブを3?で栽培をし、美味しくて安全・安心は前提として、継続した納品を企業理念として野菜作りに取り…

農事組合法人ドリームマッシュ
所在地:[福岡県筑後市]
主な取扱品目: ぶなしめじ 、エノキ茸 、エリンギ
メッセージ:
給食や業務用で需要の多い、ぶなしめじ、エノキ茸、エリンギ等をユーザー様の要望されるサイズや量目に一次処理してお届け致します。(残留農薬、放射能検査、衛生監視票、食品工場監査、JGAP等にも対応しています)

有限会社橋場農園
所在地:[岐阜県高山市]
主な取扱品目: トマト 、椎茸 、トマトジュース 、ドライトマト
メッセージ:
飛騨高山乗鞍岳の麓で味にこだわって栽培したトマトと椎茸です。原料本来の味を大切にしトマトジュースやドライトマトなど6次産業化商品作りにも取り組んでいます。トマトの栽培品種は桃太郎エイト・麗月の2種です。岐阜クリーン農業に基き化学肥料、化学…

株式会社ハラキン
所在地:[茨城県鹿嶋市]
主な取扱品目: 生きくらげ 、ブナシメジ 、エリンギ
メッセージ:
茨城県鹿嶋市にて生きくらげの栽培をしております。現在、きくらげの生産量はまだまだ少なく、国内消費量の1%程度です。ほとんどは外国産の乾燥きくらげが流通している現状です。40年きのこ栽培を生業としている弊社は、外国産から国産きくらげへシフトし…

有限会社舟形マッシュルーム
所在地:[山形県最上郡]
主な取扱品目: マッシュルーム 、マッシュルーム加工品
メッセージ:
"一人でも多くの人にマッシュルームのおいしさを伝え、味わってほしいという願いを込めて、舟形からご家庭の食卓へお届けします。

有限会社渋田産業
所在地:[北海道檜山郡]
主な取扱品目: まいたけ 、きくらげ 、しいたけ 、乾燥きのこ各種 、きのこ加工品各種
メッセージ:
北海道原料にこだわり、道産の白樺と小麦フスマできのこ栽培しています。人工灯を当てず自然光栽培しています。暖房は温泉熱を利用し環境にやさしい栽培方法で通年栽培しています。菌床を独自配合で製造し栽培しています。

株式会社ミスズライフ
所在地:[長野県上水内郡]
主な取扱品目: カットぶなしめじ 、冷凍カットぶなしめじ 、ぶなクイーン 、ベビーリーフ
メッセージ:
当社は「ご馳走する心で生産する、食の提案企業」として、家庭ゴミになる石づき部分をカットした「カットぶなしめじ」を業務用、家庭用に提案したり、カットした石づき部分でぼかし肥料を作りベビーリーフ等の野菜の生産、飲食店、直売所の運営など、お客様の…

矢野園芸
所在地:[宮崎県宮崎市]
主な取扱品目: キュウリ 、えのき 、ミニトマト 、中玉トマト 、極早生みかん
メッセージ:
" 矢野園芸は地域の生産者で構成する共同出荷組合です。冬春のキュウリを柱にミニトマトなどの施設園芸が中心で、生産面では土づくりを最重点課題として、完熟たい肥や発酵肥料を自家生産し、慣行栽培に比し化学農薬及び化成肥料を半分以下に抑えています。…

開催概要

日時 平成30年3月15日(木)10時〜17時
会場 東京国際フォーラム ホールE(2)
(東京都千代田区丸の内3-5-1)
主催 独立行政法人農畜産業振興機構
後援 農林水産省
内容 ・展示・商談会
・出展者によるプレゼンテーション
・加工・業務用野菜対策事業等の説明会
後援 農林水産省
協賛 全国農業協同組合連合会、(公社)日本農業法人協会、(株)日本政策金融公庫、(一社)日本スーパーマーケット協会、日本チェーンストア協会、オール日本スーパーマーケット協会、(一社)全国青果卸売市場協会、(一社)全国中央市場青果卸売協会、全国青果卸売協同組合連合会、(公社)全国農業会議所、(株)日本農業新聞
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 野菜業務部 (担当:直接契約課)
Tel:03-3583-9818  Fax:03-3583-9484



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.