[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
消費者コーナー 「食」の安全・安心や食育に関する情報、料理レシピなど

ホーム > 消費者コーナー > 消費者との意見交換会等報告 > 第6回食育推進全国大会への出展〜食育月間:機構の取組み〜

第6回食育推進全国大会への出展〜食育月間:機構の取組み〜

印刷ページ

最終更新日:2011年6月23日

はじめに

 当機構では、食育推進活動の一環として、今年度も農畜産物の正しい知識の普及を目的に食育推進全国大会(主催:内閣府等)に出展しました。この大会は食育月間の中核をなす全国規模のイベントとして、平成18年より毎年行われており、6回目となる今回は、静岡県三島市内にある東レ総合研修センター、日本大学三島校舎及び三島市立北小学校を会場に、6月18日(土)〜19(日)の2日間にわたり開催されました。
 大会期間中はセミナーやシンポジウムなどの他、国や地方公共団体、教育、農林漁業、食品産業、調理・栄養など132団体による多彩な展示が行われ、来場者は2日間でのべ5万人を超えました。
会場写真

農畜産業振興機構の出展ブース

 当機構のブースでは「農畜産物の正しい知識を広げよう!!」をタイトルに、食肉、乳製品、野菜及び砂糖に関するパネルやパンフレットなどを用いて、それぞれの栄養や誤解されがちな生活習慣病の関連などについて、来場者への説明や配布を行いました。
 ブースに展示した「てん菜」の模型が、その珍しさから注目を浴び、来場者の多くの方が、大きなカブのような「てん菜」が砂糖の原料となることに驚いていました。また、砂糖は漂白され白くなっている、白い砂糖は体に悪いなど誤解されている方には、正しい情報を提供し、理解を得ました。
 配布した冊子の中では、「やさいのひみつ」や「野菜づくりの発見」など、野菜の育て方を分かりやすく説明した児童向け冊子が、昨今の野菜や家庭菜園のブームもあり、小学生のみならず、広い年齢層に大変人気でした。
機構ブース

他団体のブース

(社)全国学校栄養士協議会

栄養士
 「早寝・早起き・朝ごはん〜すべての家庭で、そろって朝食〜」をタイトルにした同協議会のブースでは、食品を栄養効果ごとに分類する児童向けのゲームを行って、食品と栄養に関する正しい知識の普及に努めていました。
 また、保護者には、パネルを使って牛乳などの学校給食食品の栄養効果を熱心に説明し、全ての中学校に給食を導入することの必要性を伝えていました。

(財)都道府県学校給食会(全国学校給食連合会)

給食
 「(財)都道府県学校給食会の食育への取組みを紹介しています」をタイトルにした同会のブースでは、来場者にパネルを使って、学校給食の目標や学校給食総合センターの取組みについて説明していました。
 また、「学校給食甲子園」で優勝した歴代のメニューを再現して、全国各地の学校給食で提供されている郷土料理を展示していました。

生活クラブ生協静岡・パルシステム静岡

生協
 「だしの味チェック!かつお、煮干、顆粒だしを飲み比べて自分の味覚を知ろう」をタイトルにした同組合のブースでは、「こんぶだし」「かつおだし」「にぼしだし」の試飲を行っていました。
 来場者に日本型の食生活の代表である「だしのうまみ」の効果について、「脂肪のうまみ」の魅力に対抗できるのは「だしとごはん」の組み合わせであることを説明し、「和風だし」を将来に継承していくことの重要性を伝えていました。

おわりに

 5万人超という入場者数は、これまで最多4万人であった昨年の大会を上回り、「食育」への関心がますます高まっていることがうかがわれました。この食育への高い関心にこたえていけるよう、今度とも当機構では、農畜産物の正しい知識の提供を通じて、農畜産業や機構業務の理解促進を図っていきたいと考えています。
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 企画調整部 (担当:広報消費者課)
Tel:03-3583-8196



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.