[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
国際情報コーナー 農畜産物全般、畜産、野菜、砂糖、でん粉の海外情報、輸出促進対策などの記事、統計

ホーム > 国際情報コーナー > 海外情報 > 海外情報(農畜産物全般) > ウクライナ:輸出割当の動きについて

ウクライナ:輸出割当の動きについて

印刷ページ

最終更新日:2010年10月12日

 10月12日、ウクライナ経済省のHPには、ウクライナ内閣決定の草案「12月31日まで輸出割当制を適用する農産物品目、数量及び割当発行方法の承認について」が掲載され、大統領(又は首相)の署名による最終決定が待たれている。
 この草案に関しては8月も同様な動きがあったことから、100%確定したものではないが、アザロフ首相、プリシャジニュク農業政策相がこの割当制導入を既定路線とする発言を繰り返しており、また、マスコミもほぼ決定したように伝えていることから、署名は時間の問題と見られているようである。

 草案で示された輸出割当品目と割当数量は以下のとおりである。

      品 目    対外経済活動品目コード   数 量
              (HSコードに準じたもの)

   小麦、メスリンなど   1001 10 00 90     50万トン
                  1001 90 99 00

   トウモロコシ       1005           200万トン
   大麦           1003 00 90 00       20万トン
   ライ麦          1002 00 00 00      1,000トン
   ソバ            1008 10 00 00      1,000トン

    計                        270万2千トン
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:藤間)
Tel:03-3583-9531



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.