[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
国際情報コーナー 農畜産物全般、畜産、野菜、砂糖、でん粉の海外情報、輸出促進対策などの記事、統計

ホーム > 国際情報コーナー > 海外情報 > 海外情報(農畜産物全般) > カザフスタン:ソバ、油糧種子などの一時的な輸出禁止について

カザフスタン:ソバ、油糧種子などの一時的な輸出禁止について

印刷ページ

最終更新日:2010年11月11日

 11月10日付け米国農務省(USDA/FAS)によると、カザフスタンは、ロシアほど猛暑による著しい干ばつ被害を受けなかったが、政府はソバ、油糧種子、植物油および動物性脂肪について、6カ月間の一時的な輸出禁止を決定したとしている。なお、同国からこれら農畜産物の輸出量はわずか(2009/10年度:油糧種子で7万トン程度)である。
 ロシア、ベラルーシ、カザフスタンによる関税同盟委員会は、今回のカザフスタンの決定をロシア、ベラルーシに働きかけたとしているが、両国からの回答は得ていないとしている。
 カザフスタン産業貿易省(MEDT)によると、油糧種子などの生産量が国内およびEU地域で減少すると見込まれていることから、国内需給の安定、これらを用いる製造業の安定を確かにする上で、輸出禁止は正当性があるとしている。
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:藤間)
Tel:03-3583-9531



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.