[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
国際情報コーナー 農畜産物全般、畜産、野菜、砂糖、でん粉の海外情報、輸出促進対策などの記事、統計

ホーム > 国際情報コーナー > 海外情報 > 海外情報(農畜産物全般) > インド:9月の消費者物価指数を公表

インド:9月の消費者物価指数を公表

印刷ページ

最終更新日:2011年10月28日

前月比1.3%上昇、5カ月連続で今年最大を更新

 インド中央統計機構(CSO)は10月18日、9月の消費者物価指数(CPI、2010年=100)を公表した。
 CPI総合(概算)では、全国113.1、都市111.1、農村114.6となり、いずれも5カ月連続の上昇で今年最大を更新した。

 全国の食品類を品目別にみると、野菜は前月比3.4%上昇の117.3と、6月以降食品類の中で最大の上昇率となっている。価格上昇の主因は、インド国民の食生活において欠くことのできないたまねぎの供給不足が挙げられる。
 野菜に次いで高い上昇率となったのは牛乳乳製品である。飼料価格などの高騰により、生産コストの上昇が小売価格に反映したため、前月から2.1%上昇の118.6となった。
 卵、魚、肉については、前月から1.8%上昇の115.6となった。インド養鶏協会によると、北部や東部における気温上昇およびエネルギーコスト高騰による飼料羽数の減少に伴って、鶏肉と卵の減産となった。9月のブロイラー生体価格は国内の供給不足が影響し、8月比30%高となった。また、インフレを抑制するため、政府は9月に政策金利を引き上げたため、祝祭時期の需要減少を懸念した一部地域の生産者が生産調整を行ったことも上昇要因となったと考えられる。同協会は、今後も鶏肉と卵の価格高騰が続くと見込んでいる。
 なお、果物類は食品類の中で唯一前月から下落となったが、127.4と依然として高い水準にある。

2011年消費者物価指数(CPI=、2010=100)

 

全国

都市

農村

 7月

(確定)

8月 

(概算)

 9月

(概算)

7月 

(確定)

8月 

(概算)

9月 

(概算)

 7月

(確定)

8月 

(概算)

 9月

(概算)

 CPI総合

110.5

111.7

113.1

108.9

109.8

111.1

111.7

113.1

114.6

食品類

110.4

111.7

113.2

109.7

110.8

112.2

110.7

112.1

113.7

穀類製品

105.5

105.8

106.5

101.7

101.7

101.9

106.8

107.2

108.1

豆類製品

97.7

98.4

100.1

95.6

96.2

98.9

98.6

99.4

100.6

牛乳乳製品

115.1

116.2

118.6

114.0

115.6

117.8

115.7

116.6

119.1

油脂類

118.0

119.5

121.3

122.5

124.4

125.8

115.8

117.2

119.1

卵、魚、肉

113.4

113.6

115.6

111.3

110.6

112.9

114.4

115.1

117.0

野菜

108.3

113.4

117.3

106.5

110.1

115.5

109.1

114.9

118.2

果物

127.8

130.0

127.4

128.2

128.2

124.7

127.5

131.4

129.5

砂糖類

94.9

95.5

96.0

94.3

94.8

95.1

95.1

95.8

96.3

調味・香辛料

120.2

121.5

123.1

120.9

122.0

123.5

119.9

121.3

122.9

飲料(アルコール除く)

111.2

111.9

113.1

109.9

111.0

112.2

112.1

112.6

113.7

調理済食品

111.7

112.8

114.1

110.6

111.7

112.8

112.7

113.8

115.4

パン、タバコ、酒

118.2

119.1

120.7

116.3

117.6

118.7

118.9

119.7

121.4

資料:中央統計機構
  注:各月11日時点のデータ
1

物価上昇抑制のため、貯蔵施設などインフラ整備も課題

 食料の供給が滞り物価上昇が続くインドであるが、貯蔵施設などインフラにも課題がある。世界銀行は、南アジア、特にインドにおいて、食糧の貯蔵能力の不足や保管技術の欠如を挙げ、しばしば大量の在庫が廃棄されることがあり、これも物価上昇を招く要因と指摘している。一例を挙げれば、インド食糧公社は、2000年の穀物在庫廃棄量が、推計1000万〜1600万トンに上り、この損失が販売価格に反映しているという。
袋に入ったコメをシートで覆っただけの保管状況(インド・デリー郊外にて)
袋に入ったコメをシートで覆っただけの保管状況(インド・デリー郊外にて)
   【藤井 麻衣子 平成23年10月28日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-9532



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.