[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 海外情報 > 2011年 > 米国農務省、トウモロコシ在庫をわずかに上方修正

米国農務省、トウモロコシ在庫をわずかに上方修正

印刷ページ
 米国農務省世界農業観測ボード(USDA/WAOB)は12月9日、12月の世界農産物需給推計の月次報告を公表した。米国における2011/12穀物年度(2011年9月〜2012年8月。以下、「2011/12年度」)のトウモロコシおよび大豆の期末在庫は、前回の予測値からそれぞれ500万ブッシェル、3500万ブッシェル上方修正された。なお、12月はトウモロコシと大豆に係る作況調査は行われないことから、当月の報告では穀物の生産に係る数値は変更されていない。

トウモロコシ、甘味料用の需要の微減により、在庫をわずかに上方修正

 トウモロコシの生産指標については、作況調査が行われていないことから前月の値が据え置かれた。トウモロコシの消費については、甘味料向けが500万ブッシェル引き下げられ、飼料等向け、エタノール向けの消費量や輸出入量は前月の値が据え置かれた。その結果、期末在庫はそのまま500万ブッシェル上方修正され、2011/12年度のトウモロコシの平均生産者販売価格は前月予測値から上値、下値ともに1ブッシェル当たり30セント下げて5.90〜6.90セントとされた。トウモロコシのシカゴ先物相場は、11月の前半は1ブッシェル当たり660セント前後で推移していたが後半は下落し600セント割れをするなど価格は弱含みで推移している。このような価格状況から飼料向け需要が増し、在庫が減少すると予測していた市場関係者にとってUSDAの在庫の増加予測はやや意外であったことから、シカゴのトウモロコシ先物価格はUSDA月次報告の公表直後に5セントほど下げた。その後、ほぼその水準で推移し、12月9日は前日比6セント安の594セントで引けた(3月限)。

大豆、搾油向けと輸出向けの減少で、在庫をやや大きく上方修正

 大豆の消費については、搾油向けが搾油価格の高騰や大豆ミール需要減から1000万ブッシェル下方修正されたことに加え輸出向けは南米産大豆との競合などから、前回より2500万ブッシェル引き下げられた。この結果、期末在庫は3500万ブッシェル上方修正され、2011/12年度の大豆の平均生産者販売価格は、前月の予測値から上値、下値ともに1ブッシェル当たり90セント下げて10.70〜12.70セントとされた。
 期末在庫が市場関係者の予測を上回って上方修正されたことから、シカゴ相場の大豆先物価格はUSDAの月次報告の公表の直後に6セントほど下げ、その後、緩やかに下降して12月9日は前日比25.5セント安の1107セントで引けた(1月限)。
1
【中野 貴史 平成23年12月12日発】
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:国際調査グループ)
Tel:03-3583-4397



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.